2020.4 世界経済指数推移 コロナショックでどれだけ下げたのか?

2020.4 世界経済指数推移 コロナショックでどれだけ下げたのか?

2020年4月の世界経済指数推移

ガイルです

今月の世界経済の株価指数(2020年4月4日)

     今月   先月  増減
日本   17820 21100 -3280
アメリカ 21052 26359 -5307
中国   2763  3011 -248
イギリス    5415  6786 -1371
インド  27590 38409 -10819
ドイツ  9525  12090 -2565
フランス 4154  5444 -1290
ロシア  1049  1347 -298 

 国     参考指数

日本     日経平均
アメリカ   ダウ平均
中国    上海総合指数
イギリス    FTSE
インド    SENCEX30
ドイツ     DAX
フランス   CAC40
ロシア    MICEX

悲劇の一カ月

たったの一カ月で世界は様変わりしました・・・

あれほど毎月のように高値更新をしてイケイケだったのがはるか昔のことのように、世界中でここ数年の上げ幅を全て吹き飛ばしていきました

ほとんどすべての指標が先月比で軒並み20%以上の下落です

特にアメリカ、インド、ドイツあたりはすごい下げてます

ダウ平均は株価が下がりすぎて一時的に取引を中断するサーキットブレーカーが発動しまくってわずか数日で5000くらい乱高下して一時は18213まで下がってとんでもないことになってました、それにつられて日経平均も一時16358円まで下がりました

その後の金融政策などで株価は多少値を戻してはいますが予断は許さない状況です

それでも持ちこたえている方なんじゃないかな?一時は一気に15000も割っちゃうような勢いだったから本当に怖かった

コロナの特効薬や収束に向かう動きが出ないことにはしばらく不安定な動きが続きそうです

絶好の買い場?

総悲観は買い

なんて言葉もあるくらい「こんな状況なら絶対に株なんて買わない」という状況こそがあとから見ると絶好の買い場だったなんてことは過去の取引からもあり得ることです

実際にこの暴落で仕込んでいる人もいるとは思います

でも判断はとても難しい

そもそもここが底かどうかがわかればそれこそ誰でも勝てちゃうからなあ、あとから見たら絶好の買いのタイミングだった!って気づかされる場合がほとんどだ

ただ僕はあまりにもリスキーなので購入していた投信はほとんど売却して静観しています

チャンスかもしれないけど、まず生き残ることが第一です

よくわからない現在のような不透明な状況では下手に動くことなく好機をうかがってじっと待っていようと思ってます

そして下がって下がって下がりきったところで仕掛けられればいいな

世界経済指数カテゴリの最新記事