2019.1 世界経済指数推移 新年初取引の大発会は暴落スタート!年明けは波乱の予感?

2019.1 世界経済指数推移 新年初取引の大発会は暴落スタート!年明けは波乱の予感?

2019年1月の世界経済指数推移

ガイルです。今月の世界経済の株価指数をチェック。(2019年1月4日12:00)

     今月   先月  増減
日本   19407 22036 -2629
アメリカ 22686 25826 -3140
中国   2474  2665 -191 
イギリス    6692  7077 -385 
インド  35513 36158 -645
ドイツ  10416 11424 -1008
フランス 4611  5032 -421
ロシア  1086  1156 -70
ブラジル 91564 89820 +1744 

 国     参考指数

日本     日経平均
アメリカ   ダウ平均
中国    上海総合指数
イギリス    FTSE
インド    SENCEX30
ドイツ     DAX
フランス   CAC40
ロシア    MICEX
ブラジル   ボベスパ

新年は大暴落スタート!

あけましておめでとうございます

2019年1月4日は大発会(だいはっかい)と呼ばれる新年最初の株取引日となり僕も注目していました!

例年大発会はご祝儀相場と呼ばれて株価も上昇することが多いのですが、今年は大幅下落となりました

アップルが中国の景気減速や販売不振を受けて10~12月の業績悪化が発表されたことで【アップルショック】と呼ばれて、NYダウが大幅下落したことを受けて日経平均も大幅下落しています

午前の終値は、19407円と-607円安となってます

去年に何とか2万円越えで終えることができた日経平均も年明けすぐに2万円割れです

とても新年をめでたく迎えられそうにない結果ですね

先月との株価の変化を見てみても、ブラジル以外はオールマイナスです!

しかもたった一ヶ月で10%前後の大幅下落をしている国々も多々ありますね

インデックス投資は壊滅的な感じです

期待していたご祝儀相場の大発会もふたを開けてみれば、残念な結果となりました

2019年の先行きは不透明なままですね

世界経済指数カテゴリの最新記事