2018.8 世界経済指数推移

2018.8 世界経済指数推移

2018年8月の世界経済指数推移

ガイルです。今月の世界経済の株価指数をチェック。(2018年8月3日)

     今月   先月  増減
日本   22512 21717   +795
アメリカ 25326 24174   +1152
中国   2768  2759  +9
イギリス    7575  7574    +1
インド  37165 35645      +1520
ドイツ  12546 12332      +214
フランス 5460  5329    +131
ロシア  1140  1148  -8
ブラジル 79637 73668     +5969

 国     参考指数

日本     日経平均
アメリカ   ダウ平均
中国    上海総合指数
イギリス    FTSE
インド    SENCEX30
ドイツ     DAX
フランス   CAC40
ロシア    MICEX
ブラジル   ボベスパ

今月の世界経済は好調!

今月の世界経済指数はほぼ全ての国が上昇しました

今年の経済は好調ですねー

資産の変動が大きい投資ばかりしているので、安定した成績を出している株式市場は安心できますし、今後の成長が楽しみです

今月の株価の動きをチェックして注目したのは、ここ数ヶ月大幅な下落を続けていたブラジル市場がここにきて持ち直してきたことです

2ヶ月で20%もの急激な下落だったので購入するチャンスかな?とも思っていたのですが特に行動は起こしませんでした

あまりブラジルの市場には詳しくないですし、よくわからないものには手を出さないというのは鉄則です

でも結果を見るとやっぱり下落局面というのは投資するチャンスでもあると感じます

株価のチャートは人の心の変化を映したものだとよく言われますし、僕もそのように感じています

下落局面というのは別名で落ちるナイフといわれるように皆が恐怖を感じながら手を出すことができずに一方的に落ちていく価格を眺めるしかない状況といった感じです

逆にそのような状況下でうまく投資をできるものがその後の上昇における果実を得ることができるのです

ただ、どこが底か?というのはわかりませんから経験からくる知識と先を読む力が必要です

後悔しない取引をする

僕は投資をする上で後悔するかしないか?という点に重きを置いています

ここで投資しなかったら後悔すると思ったら購入しますし、投資して下落したら後悔すると思ったら購入をしません

そしてよく分からない投資先も後悔するので手を出しません

理論や知識も大事ですが、特に僕は自分が楽しいか?後悔しないか?を意識して投資をしています

世界経済指数カテゴリの最新記事