根本的な仕事が嫌いな理由は、自分が仕事ができない人間だから

根本的な仕事が嫌いな理由は、自分が仕事ができない人間だから

仕事が嫌いな理由について

ガイルです

仕事を辞めて数か月が経ち、仕事をしないで生活するのが普通になってます

喉元過ぎれば熱さを忘れるって言葉がありますけど

あれだけ辞めたくて仕方がなく嫌だった仕事も

もうすでに過去のものになってます

ゆるーい生活を過ごしながら現在は心も体も回復しており

今では、なんであんなにも仕事を辞めたかったんだっけ?って感じです

そんな日々を過ごしていると、そもそも僕が仕事を嫌いな理由ってなんだろうって考えることがあります

責任がかかること?

拘束されること?

もちろんそれらもあるんだけど

根本的な理由って僕が仕事ができないタイプの人間だからってことなんですよね

僕は仕事ができないタイプの人間

僕はかなり偏った人間です

自分が興味のあること以外はやりたくないので、周囲と足並みをそろえるのも苦手で

一般常識もない

仕事ができて褒められることよりも、「こんなこともできないのか!」と怒られることのほうが圧倒的に多いわけです

その度に、卑屈になってどんどんと仕事が嫌いになるという悪循環に入っちゃうわけですよね

社会人生活もそこそこ経つので怒られること自体は減ってきてはいますが

やっぱり最初のころに受けた嫌な気持ちってのは払しょくされることなく現在に至るまで仕事嫌いは治らなかったわけです

もし僕がバリバリに仕事をこなして、周囲からも頼られるような存在だったら今も仕事も楽しくこなせていたことでしょう

しかし、自分の性格と能力についてはかなり冷静に判断できているつもりである

自分が今後もずっと仕事をきっちりやるのは困難だなと本能的にわかっちゃったんです

だから仕事で頑張るよりも、仕事をやらないで済む方法に向かって舵を切って現在に至るわけです

そうなんです

仕事がつらいとかなんだ言ってますけど、結局は自分に能力がないから仕事が嫌いってだけなんです

もし僕がバリバリに仕事ができて稼ぐことができる人間だったら仕事を嫌いにならず今も稼ぐ人間になれていただろうなぁ

まあでも、無理かな~

根が適当人間なんで・・・

適材適所で自分に合ったところに今は落ち着いている感じです

僕はよく仕事はクソだ!みたいなこと言ってますけど

結局は自分に仕事を上手にこなすだけの能力がないのが悪いってことになっちゃうんでしょうね~

雑記カテゴリの最新記事