ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)を資産運用に選択しなかった理由

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)を資産運用に選択しなかった理由

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?

ガイルです。

最近ではITによる資産運用であるロボアドバイザーと呼ばれる金融商品が誕生し

テクノロジーの力ですべて自動で資産運用を行えるようになりました

そんなロボアドバイザーの中で預かり資産・運用者数No1のWealthNavi(ウェルスナビ)というものがあります

自動で売買を行ってくれてリスクの許容度、最適なポートフォリオの選択、自動リバランスさらには

ロボアドで現在唯一自動税金最適化(DeTAX)というのを行ってくれます

 

これ一本で自動で世界水準の金融アルゴリズムに基づいた資産運用の王道である「長期・積立・分散」をサポートしてくれます

特に僕が気になったのは自動税金最適化(DeTAX)というもので利益が出たり損益が出た際に税金を減らせるようにリバランスなどを行ってくれるというものです

人間だとどうしても感情が入ってしまうのでできないことではないかと思います

過去のリターンは年率6%

ウエルスナビの公式サイトによると過去のリターンは

年率6%、25年間のリターンは+146%となっています

年率5%ほどリターンなら資産運用としては上出来という考えからもリターンは悪くない印象です

なぜウエルスナビを選ばなかったのか?

さてこれだけメリットのあるロボアドバイザーウエルスナビを

なぜ選ばなかったのか?ですが

理由は大きく2つあります

コストが年率1%

ウエルスナビのコストは年率1%で3000万円を超える部分は0.5%となります

これはコストが高すぎると僕は感じます

仮に3000万円を投資した場合年間で30万円の手数料

30年運用したとしたら900万円が手数料で取られる計算です

さすがに30年運用して手数料だけで900万円取られるのはちょっときつい

僕が運用している投資信託の平均コストが年率0.2%くらいですから

同条件なら手数料が180万円になります

差し引き720万円の違いになります

損が出た場合に納得できるか?

そしてもう一つ選ばなかった理由として

損が出た場合に納得できるか?という問題があります

今僕が積み立てている投資信託および投資先は自分で選び自分で決めています

どの投資先を選びいくら積み立てるかを自分で決めているため仮に損を出したとしても納得できます

それに運用をしながら途中で一部の利益を確定させたり積立先を変更したりもできます

一方でウエルスナビは基本的に投資は全自動で行われ一部利益を確定させたり投資先や積立先を変更させたりはできません

リスク許容度を変更させることで投資先の積立比率などは多少調整できるようですが自由度はありません

このような状況下で10年、20年と投資したときに果たして20年後に損をした場合に納得できるか?どうかです

20年という長い年月を投資する場合確実に浮き沈みや利益確定のチャンスが出てきますが

それをすべて丸投げして果たして将来損をした場合どう感じるかです

僕なら自分で考えて自分で投資をしたほうが損をしても納得できるし後悔もしません

しかし、自動ですべてやってくれるのはすごく楽

でも一方で仕事で忙しい方でしたら

自分で投資に時間やお金をかけて損をしたほうが嫌だという人もいるはずです

ラクして自動で投資してくれたほうが気が楽という方には

ロボアドバイザーのウエルスナビはおすすめです。

お得情報と節約についてカテゴリの最新記事