1杯の水とダイヤモンドのどちらが価値がある?

1杯の水とダイヤモンドのどちらが価値がある?

1杯の水とダイヤモンドのどちらが価値があるか?

ガイルです。突然ですが皆さんに質問です

 

「一杯の水とダイヤモンドのどちらが価値があると思いますか?」

 

下に解答を用意していますので必ずどちらかを選択してください

できるだけ直感でお答えください

 

 

 

できましたか?

 

どちらを選んだでしょうか?

 

 

 

この質問は銀座まるかんの創設者で納税額日本一で長者番付にも何度もランクインする大富豪である斎藤一人さんがお弟子さんにしたお話の一つでとても素晴らしいと思い今回取り上げてみました。

以下斎藤一人さんの言葉をそのまま引用

ほとんどの人は水だっていうんだよ聞いてみればわかるけど

そうすると水がないと例えば

砂漠の真ん中で
ダイヤモンドを持っていても、
水が無かったら自分は生きられない
だから水のほうが価値がある
っていうんだよな。

でも、
俺は正しい答えはダイヤモンドである
って言っているんだよ。

なんでかっていうと、
日本に砂漠はないんだよ。

で、俺は外国に行かないんだよ。
 
ここなんだよ、問題は。
 
いいかい?
 
俺たちがサウジアラビアかなんかに生まれたなら別だけど、
観光かなんかでいって砂漠の入り口くらいをウロウロしただけで

行ったような気になってるんだよ。
    
誰もいない何にも無いような処に
自分が行くなんて、考えられないのに
頭の中で砂漠に行ったらって
考えるのはおかしいんだよ。
  
ありもしない事を想像するから、
ありもしない不安を想像するんだよ
 
それがおかしいんだよ。わかるかい?
 
この日本っていう国でダイヤモンド1個あったら
水なんかコップ一杯どころかプールいっぱいの水が飲めるの。
 
それどころか近所の人に、
「水一杯ください」って言ったら、
飲ましてくれるよ。
  
日本って水が豊富なんだよ。
 
こんなに水の豊富な国に
生まれているにもかかわらず、
一杯のお水とダイヤモンドの
どちらが貴重だと思いますかと言われたときに頭の中で、

「もし砂漠にいって水が無かったら」ってのはオカシイんだってことが
基本的にわからないと、人は幸せになれないよ。
  
ありもしないことや、
最悪のことばかり考えていたら、
無尽に色んなことが考えられるんだよ。

この話で斎藤一人さんが言いたかったことは

ありえないことを想像していたら人間は幸せになれない

ってことなんですよね

おそらく日本に普通に暮らしている人なら人生で一度も水で困ったことなんてないはずなんですよね

日本は水が豊富ですから

なのに、砂漠に行ったらとか水がなかったら生きていけないとかありえないことを想像して不安になっている

それはおかしいってことをなかなか普通の人は理解していない

そんなんじゃ幸せにはなれないよってことです

ダイヤモンドを手にするチャンスを自ら放棄するようなものです

ありもしないことを想像するからありもしない不安を想像する

深い話ですね

お金についてカテゴリの最新記事