2018.7 つみたて(積立)NISA運用成績

2018.7 つみたて(積立)NISA運用成績

2018年7月のつみたて(積立)NISAの運用実績

ガイルです。今月の積立NISAの運用結果公開。毎月限度額MAXの33300円を積立中!

  

     今月   先月

積立額 233100円  199807円 
評価額 233017円  201455円 
損益   -88円    +1648円   

評価額  233017円

損益額   -88円

今月の損益額は先月比-1736円となりました。

新興国の下落が目立つ

今月は中国とブラジルなどの新興国の投資信託の下落と、日本の投資信託の下落が目立ちました

中国はアメリカとの貿易摩擦の懸念、ブラジルは政治不安を理由に下落しているのですが、日本に関しては特に理由はなく下落しています

日本の投資信託の積立は積立からずっとプラス域で推移していたのですがここ数か月で一気にマイナスまで行ってしまいました

まあインデックス型の積立投資は別に下落時も安値で購入できるのでそんなに心配はしていないのですが、理由もないのに下落を続ける日本株の投資信託は少し不安が残ります

とりあえずほったらかしで今後の積立結果に期待しています

つみたてNISAは20年間しか利用できない

僕はつみたてNISAって積立始めてから20年間ずっと利用できるものだと思っていたのですが制度を改めて調べてみると投資可能期間は2018年~2037年 の20年間だけとのことでした

一応2037年に積立を行った分に関しては2057年まで非課税で運用できるそうなのですが

2018年からつみたてNISAを利用すれば、20年間で40万円最大で800万円まで非課税で積立できるのに対して

2030年からつみたてNISAを利用した場合は、7年間で40万円で最大で280万円までしか非課税で運用できません

インデックス型の投資信託は積み立てた期間が長いほうが複利の効果が得られて有利ですので早くから始めるほうが積立額も複利の効果も大きいので有利となります

まあ今後は恒久化したり制度の変更はあると思いますが、20年間の積立を行うのと、数年間の積立しかできないのとではメリットがだいぶ違うので興味のある人は少額でもとりあえず積立始めることをお勧めします

つみたて(積立)NISA運用成績カテゴリの最新記事