住信SBIネット銀行はお得なメリットがたくさん!SBI証券を持っているのなら開設必須!

住信SBIネット銀行はお得なメリットがたくさん!SBI証券を持っているのなら開設必須!

住信SBIネット銀行とは?

ガイルです。僕はメイン銀行として楽天銀行を使っているのですが

サブ銀行として住信SBIネット銀行を使っています

住信SBIネット銀行とは三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資するネット専業銀行です

SBI証券との連携でメリットがたくさんあり一度設定してしまえば自動で積立などが行えポイントもたまっていきますのでSBI証券の口座を持っているのなら開設しておいてデメリットはないです

住信SBIネット銀行を使うメリットとは?

まず口座を開くとスマートプログラムというランク評価システムによりランクが決められます

そしてランクによってATM利用手数料無料回数と他行金融機関あての振込手数料が無料の優遇が受けられます

ちなみにランク1は口座を開いたら誰でもなれるので

月2回のATM無料利用

月1回の他行金融機関あての振込が無料

の優遇はだれでも受けれますのでこれだけで開設の価値があります

僕は銀行預金残高1000円以上とSBIハイブリッド預金の利用と外貨預金の残高ありでランク2になってます

SBI証券と連動できるハイブリッド預金が便利

口座にあるお金をSBIハイブリッド預金に振替えすることでSBI証券の商品をそのまま購入することができます

SBIハイブリッド預金への振替は住信SBI銀行のログイン後の画面から行えます

ログイン後銀行の振替画面からSBIハイブリッド預金への移動が行えます(資金の移動は即時反映されます)

これで入出金の手間暇がなく口座に入れてあるお金でそのまま株や投資信託を購入できます

さらにSBIハイブリッド預金に入れてあるお金は年率0.01%(2018年4月時点)の金利を受け取ることができます

 

住信SBIネット銀行のデメリットは?

一つはネット銀行のため実際の店舗がなく対面式で手厚いサポートを受けることができないためネットの知識や対応力がないと困る場合があります

もう一つは、ネット銀行のため一部公共料金や証券会社などの入出金に利用できない場合があります

特に大手証券会社はメガバンクでの入金にしか対応していない場合がありますので別口座の開設が必要になる場合があります

住信SBI銀行を最大限有効利用する方法

住信SBI銀行は取引を行うことでポイントゲットすることができます

僕はこれらを利用して

楽天銀行からSBI住信銀行毎月6万4千円の自動入金サービスを利用(30ポイントゲット)

SBI証券つみたてNISA分3万4千円を口座振替を行う(5ポイントゲット)

3万円を両親の口座へ家賃の入金(振込手数料無料を利用)

定額自動入金サービスの30ポイントと口座自動引き落としで毎月5ポイントの計35ポイントを毎月得ています

 

少し面倒ですが、1手間で

・つみたてNISAへの入金

・両親への家賃の振込

・スマートプログラムのポイントゲット

という3度おいしい自動錬金術が完成します

SBI証券で銀行引き落とし設定する方法

まずSBI証券のホームページから

 

口座管理→お客様情報設定・変更→銀行引き落としサービス設定確認・変更へと進みサービスの利用を選択します

 

僕の場合は毎月14日に住信SBI銀行から33300円(NISA分)の口座引き落とし設定をしています

手数料はかかりません

14日の設定の場合は証券口座に着金するのは大体月末の予定となります

正直この自動錬金術の手続きを終えるのにかなり日数がかかりました・・・

ですが設定を一度終えてしまえばNISAの積立と両親への振込が自動で行えてさらに毎月35ポイントがゲットできます

設定は面倒ですがのちに振り込みをしたりする時間が省けるのでかなり価値があります

お得情報と節約についてカテゴリの最新記事