2019.10 給料 まだ勤めていた会社はましだったと思う

2019.10 給料 まだ勤めていた会社はましだったと思う

2019年10月の給与明細

ガイルです

今月の給与明細公開

支給合計      0円

あと2ヶ月

今月も仕事をして得たお金はありません

11月26日で失業保険を受給できるのですが

あと2ヶ月ほどかかります

長いなぁ

全部手続きが終われば、月14万円ほどのお金が3ヶ月間貰える予定です

今は税金の支払いが多くて苦しいので早く受給できるようになってほしいです

それにしても自己都合の退職だと6割くらいしか手当は支給されないのだが思ったより支給されそうで安心している

前職は給料は安いし休みもないしクソみたいな会社だ

みたいなことをよく言っていたが

そこまで酷くはなかったのかもしれない

もっと労働環境が悪いところはいくらでもある!

最近ネットニュースで

「12年勤めて月収が14万円しかなく、日本終わった」

というつぶやきが話題になっていたが

まじめに勤めていてもこういう酷いところがあるもんです

自分はましな方だったのかもしれない

ちなみに、このつぶやきに対して堀江貴文さんが

「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」

というつぶやきをしたことも話題になってました

いやぁ、堀江さんらしいズバッとしたもの言いです

賛否両論が分かれる、かなりのパワーワードですが

実際は堀江さんが言ってるのが正しいんだろうって感じますけどね・・・

環境を変えることができなかった自分の自業自得っていうね

ただし、仕事ができて、稼げる人ってのは理解できないだろうけども

会社を辞めることができないとか稼ぐ能力が無い人ってのも一定数いるんですよね

そして子供のころの教育でも

「石の上にも3年」

だとか

「我慢して一つの会社に勤めていれば給料なんていずれ上がっていくもの」

という考えを刷り込まれて、この人のように無理に頑張ってしまう人がいるんですよ

努力をしていれば、いつかは報われる・・・

そんな思いを抱えながら長年勤めていたと考えると何とも悲しい話だと思う

今はそんな時代でもないのに・・・

これは日本教育の弊害だろう

今後はこういった人が現れないように

バンバン転職して、給料や条件がいいところを常に探すようにしましょう!という風に教育方針を変えたほうがいいんじゃないかな?

仕事をしても、しなくても悩みが尽きないものです

給料と家計簿カテゴリの最新記事