2019.4 給料 給料をもらえるのもあと一回か・・・

2019.4 給料 給料をもらえるのもあと一回か・・・

2019年4月の給与明細

ガイルです

今月の給与明細公開

支給合計      258779円

社会保険合計    34616円
所得税         5680円
立替交通費     13020円
控除合計      53316円

今月の実質手取りは205463円でした

手取りは何とか20万円越え

今月の実質的な手取りは20万円を超えることができました

出勤が21日と少なかったのですが、残業が30H以上あったので残業で稼いだもんです

今月は休みが多かったので、残業なかったら手取り17万円くらいかな?

やっぱり安いですねぇ

しかも来月が最後の給料日となるのだが

ほとんど有給休暇の消化で残業も何もつかないので

おそらく15万円ほどになるのではないかな?と計算している

やばいですね

しかも今月はギャンブルや副業の成績がやばいことになっていて

何十万単位でマイナスを献上してしまう可能性がある

来月の収入と収支の計算をするのが今から恐ろしい状態です

来月で安定した収入は一切なくなる!

今月で退職を決定し、来月からは無職として収入がなくなることとなる

しかも今月はギャンブルの成績が悪くて現在かなりのマイナスとなっている

お金が無くなるのはあっという間である

普段は仕事の忙しさや薄給のことばかり愚痴にしているが、少ないとはいえ本業として安定して20万円前後の収入があるというのは大きなことである

仕事を辞めた現在では、仕事があるありがたみをきちんと考えないといけないなと思うこともある

例えばお隣の韓国では若年層の失業率が10%もあると言いますしね

仕事が当然のようにあるというのは実はありがたいことなんですよね

実際に仕事をしているときはつらさしかないし、休みがない不自由な環境にいらいらすることばかりですが

仕事を辞めて余裕ができて客観的に見ると日本って恵まれた国だよなと感じます

格差が広がっているとは言いますが、ただ生きて生活をする分にはほぼ不自由を感じることはないですから

こんな風に考えられるのも仕事を辞めて今は余裕があるからですけどね

月に50万円とか年収1000万円とかそんな高望みはせずに

月15万円ほど稼いで最低限の生活をして生きていく分には日本って仕事もあるし犯罪率も低いし最高の環境です

給料と家計簿カテゴリの最新記事