2018.6 金融資産・貯金・貯蓄状況 先月比-444万円

2018.6 金融資産・貯金・貯蓄状況 先月比-444万円

2018年6月金融資産

ガイルです。今月の金融資産公開。

 項目       今月    先月

現金・預貯金   70万円  75万円   
IPO用資金    285万円 300万円 
仮想通貨    220万円 660万円 
投資信託     65万円  58万円  
保険       32万円  30万円  
レンディング   63万円  58万円  
積立FX・Lion FX  34万円  32万円  

今月    769万円
先月   1213万円
先月比  -444万円

厚生年金 納付総額 

今月 2233081円

前月 2014896円

支払額に対する年金見込額

今月 年額 286464円

先月 年額 254591円

投資比率のイメージ
0~500万     リスク資産90%
500~1000万  リスク資産80%
1000~1500万 リスク資産70%
1500以上     リスク資産60%以下


未曽有の-444万円の評価減

今月は仮想通貨の評価減が大きく響き-444万円という不吉な数字が並んだ未曽有のマイナス額です

合計額を計算していきながらだんだんと憂鬱になっていきました

おそらくというか確実に過去最悪の評価損です

とはいえこの痛みを乗り越えなければ資産が増えることもないのでしっかりと反省と分析を行っていこう

大きく評価損をしてしまった仮想通貨ですが、リスクを取った結果の評価損です

バンクエラの上場に関してはすごく期待していたのですが

コインチェックのネムの流出事件や各国の規制などここ半年くらいは一切仮想通貨市場は盛り上がりませんでした

その影響をもろに受けた結果となりました

中々自分の思い通りに投資は結果が出ませんね

だから面白いんですが

今後どうするか?ですが、リスクは大変大きいですが数年以上先を見越して投資を続けていこうと思います

僕が冷静でいられる理由

過去最大の損失となった今回ですが不思議と落ち着いています

投資を始めた頃の自分なら発狂して多大なストレスに気が狂っていたと思います

冷静でいられる最大の理由は、今年間で200万円ほどの貯金が出来ているという自信があるためです

これが精神的な支えになっています

僕がもし年間に4、50万円ほどの貯金しか出来て無ければ元の資金に戻るまでに10年間という途方も無い時間がかかります

そうであればいくら僕でも感情をあらわにしてショックで疲れ果てていたでしょう

リスクを取った結果、数年分セミリタイアまでの期間が伸びてしまったかな?くらいの傷で済んでます

まあ激痛は激痛ですけどね

経験は最大の財産

今回の投資には過去の失敗の経験からリスク・リターンを考えて投資をしていたために、最悪このくらいの損失になるかも?という計算があったため冷静に結果を受け止められています

逆に仮想通貨市場が現在も好調で、バンクエラのICOも上場で数倍になっていたら数千万円もの利益が期待できる計算です

今回は逆の目が出て損をしてしまいましたが

もし当時の僕がリスクを取らずに上場で何倍もの利益を得るチャンスを取り逃がしてしまうことのほうが絶対に後悔するという考えがあったために今回は多くのリスクを取りました

なので結果は残念でしたが、後悔は少ないです

過去の投資の失敗と成功の経験からしっかりと考えて投資することができたので、結果はともかくとして、これまでの経験が活かされているのでよい傾向であると感じます

厚生年金基金の年金見込み額が変更

ねんきんネットにて確認すると、ずっと変動の無かった厚生年金基金の納付総額と年金見込み額が更新されていました

半年に一回の更新になるのかな?

ずっと変わらなかったので本当に年金納めているのか不安だったのですが安心出来ました

消えた年金問題とかありましたからね

納付総額は2233081円で年金受け取り見込み額が年額で286464円となりました

こういう大損した後は、安心出来る保険とか年金とかでも積立しておいて良かったと思います

イケイケの時はもっとリスクを取ってれば儲かってたなとか思っちゃうんですけどね

人間って単純ですよ

金融資産推移カテゴリの最新記事