年収300万円の現在の仕事では、30代の平均年収には絶対に届かないと絶望した

年収300万円の現在の仕事では、30代の平均年収には絶対に届かないと絶望した

去年の年収は3371878円!

年収300万円の手取り額は?

ガイルです

平成30年分の給与所得の源泉徴収票で去年の自分の年収がわかりました

その額3371878円!

週一休みで毎日残業を行なってこの額である

残業が無ければ年収300万円にも届かないだろうなぁ

しかしこれでも例年より多いくらいである

ちなみにブログで計算した去年一年間の手取り額は2709325円で、月当たりの手取り額は225777円でした

平均年収.jpによるデータによると

全世代の平均年収は422万円

30代全体の平均年収は395万円

30代男性の平均年収は484万円

という絶望的なデータがある

マジか・・・

30代の男性に限定すれば平均年収は484万円もあるの?

僕の給料はそこまで酷くないと思っていたが数字で比べると圧倒的な差がある

約1,5倍の差である

今の仕事を仮に休みなしで、残業をもっとこなしたとしてもこの平均年収に届くことはまずないだろうなぁ

かなり絶望的な数字である

でもおそらく一部の高給取りの仕事をしている人がボーダーを上げているだけで、大多数の人がこのくらいの給料で頑張っているのが現実だと思う

この年収で結婚、子育て、住宅の購入などといったイベントをこなして貯金をしていくというのはかなり厳しいですね

年収300万円時代の突入!

年収300万円の時代を生き抜く方法といった本が出回るほど、最もボリュームがあり、実際の年収としての割合が高いのは年収300万円台であるといわれています

この年収300万円というのは身近な数字となっています

特に20代、30代にとっては全然普通の年収くらいではないでしょうか?

まあ時代が変わってしまったといえばそれまでですが、こういう時代になった以上は対策を行って収入を増やす努力を何か積み重ねないとどんどん生活が苦しくなってくる時代です

手に入る量が昔より減っているのだから昔と同じような生活を送っていれば生活に窮するのは自明の理です

別に投資を進めるわけではないですが、何か収入を増やすために行動しないと誰しもが貧困に陥ってしまう時代だと思ってます

副業の活用

手っ取り早く収入を増やす方法は副業です

昔は本業に差し障るとして禁止されていた副業も多くの企業で暗に認めているところが多いです

企業としても仕事や人を増やすのはリスクにつながるから給料が足りないのなら

足りない分は他の会社の仕事で補ってくださいといった考え方です

このように本業以外の収入を作るっていうのは現代において結構大事ではないかな?って思ってます

今は一つの会社に一生勤めるという時代でもなく、給料や待遇も右肩上がりでよくなっていく時代でもないので本業以外での収入を作っておくことが大事です

とある資産運用の本では、本業で300万円を稼ぎ、副業で200万円を稼ぐというのが理想だといわれています

僕の周りでも本業以外の副業をしている人は結構います

今や副業はやって当たり前くらいの時代です

僕自身も去年から副業としてバイトを行っており、およそ年間で100万円前後の収入が見込める計算です

本業で平均年収以上の収入を得ることは不可能ですが、副業やギャンブル、投資などを駆使して収入を増やしていく努力を継続中です

お金についてカテゴリの最新記事