漫然と生活していたら、お金が貯まらないのは当たり前

漫然と生活していたら、お金が貯まらないのは当たり前

お金が貯まらない仕組み

ガイルです

お金が無い

これが口癖になっている人も多いと思います

特に僕と同じ30代前後の人で、真面目に働いているのにお金が貯まらないって人は多いと思います

それはなぜなのか?

それは一般的なモデルケースを例として数字で確認すればわかります

収入は日本の平均年収は420万円だと言われていますが、その平均値を大きく上げているのは40代以上のため

大卒であっても基本的に初任給の手取りは平均して20万円に届かないのが一般的です

仮に収入が手取りで20万円としても

支出は家賃で6万円、食費で5万円、携帯代1万円、光熱費1万円、その他雑費2万円くらいで合計で15万円は贅沢しないでもかかってしまいます

普通に暮らすと、月に5万円程度しか余裕がなく年間で60万円しか貯金ができないということです

これに加えて車を所有したり、高額な保険などに加入していたら余裕なんてほとんどないでしょう

さらには今後消費税は10%時代を迎えるので、負担はどんどん大きくなります

旅行に行ったり、冠婚葬祭があったり、趣味にお金を使ったりしてたらお金なんて残らなくて当たり前です

なんでお金が貯まらないんだろう?って不思議に思うことも多いだろうけども

そもそも普通に暮らしてたら数字上お金なんて増えるわけがないんですよね

僕も30代を迎える前にはほとんどお金なんてなかったですから

結局何か行動しないとお金は貯まらない

このようにほとんど贅沢をしなくても数字上はお金が貯まらないようにできているんです

僕も若いころはなんでお金が貯まらないんだろうって不思議だったのだが

資産運用は数字です

月収で手取り20万円で固定費で15万円かかっていたら、どう頑張っても月に5万円しか貯金できないのは当然です

年間で60万円の貯金がMAXです

天からお金が降ってくることはあり得ません

でもせっかく貯めたこのお金だってちょっと贅沢をしたらすぐになくなってしまいます

今の世の中漫然と生きていたら絶対にお金なんて貯まらないんです

お金を貯めるには

収入を増やすか、節約をするか、投資をするか

何か行動を起こす必要がある

なんで自分はお金が貯まらないのだろうと思うかもしれないけれども

そもそも普通の人が普通に生活していたら数字上お金が貯まることなんて絶対にないのです

お金を貯めるためには何か行動を起こす必要があることを理解しなければいけない

お金についてカテゴリの最新記事