税金と家賃が一番お金がかかるなぁ

税金と家賃が一番お金がかかるなぁ

仕事を辞めてからかかったお金をまとめてみた

ガイルです

仕事を辞めてから約半年でかかったお金を大体まとめてみました

家賃            300000円
食費          50000円
国民年金    130000円
住民税     113500円
携帯代      12000円
サーバー代    6000円
保険      150000円
投資      300000円
床屋代       4000円
交通費      20000円
その他雑費     60000円

合計  1145500円

ざっくりと出してみたのですが

合計の支出が半年で100万円を越えてました(汗)

特に家賃と税金で合わせて50万円を越えてます

家賃はともかくとして、やっぱ税金がでかいですね

年間で税金だけで50万円はかかるんじゃなかろうか

キツイですね

国民年金の支払いは収入が少なければ免除も受けられるけれども、現状免除措置は受けようと思ってない

どうしても払えなければ仕方ないが、別に現状は払えますし

年金がもらえるか不安だという人もいますが、国がやっている以上は他の保険よりは信頼性があると思ってます

納税は国民の義務でもあるので、なるべく払うように心がけています

そして残りの支出のほとんどが僕が個人で入っている保険と投資です

これは趣味と将来のための保険を兼ねているのでしょうがないが、支出額があまりにも多いので減額しようかな?とは思っている

それにしても仕事を辞めてからわずか半年で100万円以上の支出になるというのは、多くの人が仕事を辞めれない理由ではないかなと思う

仕事を辞めてからすぐにこんなにお金がかかるようでは仕事を辞めれないよなぁ

仕事を辞めた後の最初の1年が勝負

セミリタイアをするうえで、僕は仕事を辞めた後の最初の1年が勝負だと思っている

仕事を辞めた直後は住民税や国民年金、引っ越し代などなどいろいろとお金がかかってしまいます

どんなに頑張っても最初の1年間で100万円以上はかかってしまうだろう

でも、1年間何とか乗り切れれば

翌年からは収入次第で税金の負担がだいぶ軽くなります

僕の場合でも

食費や雑費、携帯代などの必要経費だけなら半年で15万円ほどしか使ってない

家賃を抑えて税金の免除措置などを行えばかなりお金を使わずに生活することが可能です

僕も普段生活していてめったに大金が必要になることなんてない

家賃と税金をうまく減額できれば

大体月7,8万円くらいで生活できるのではないかな?と思う

最初の一年間をいかに上手に乗り切るかが、セミリタイア生活の成功のカギを握ると思ってます

雑記カテゴリの最新記事