運がねぇなあってときの対処法

運がねぇなあってときの対処法

不運が続いた時の対処法!

ガイルです

先日久しぶりに麻雀で大負けしまして・・・

その額-54600円!

一日で負けました

1ヶ月の生活費が3万円なのに、5万円以上も負けるなんてわけがわからないよ

勝負の世界は厳しいわ・・・

15回の勝負のうち最下位が9回というね

途中で白旗を上げてしまいました

ラス率が6割越えですから、これで勝てるわけがない

仕事もしてないっちゅうのにこれではいかんですよ

どげんかせんといかん

今月は節約を心がけよう

でも、日常生活でも仕事でもこういった不ヅキが続くってことはよくありますよね?

そういったときに、どう対応するか?を心得ておけば、今後の人生においても大きな財産になると思います

僕もギャンブル歴は長いほうなのでこういった不ヅキが続いた時の考え方や修正方法もいろいろと心得ています

自分の不ヅキ解消法をいくつかご紹介したいと思います

1、やり方を変えない!

普通の人ならこれだけの大負けを味わうと

ツイてなかったなとか、自分のやり方がまずかったかな?と考えてしまい

知らず知らずのうちに

普段の自分の打ち方ややり方を変更をしてしまうことが多いです

いわゆる

失敗が続いているから、いつもと違うことをやってみよう!っていう考え方です

でも、これは気分が変わるだけで結果はほとんど変わることが無いどころかむしろ悪化することの方が多いです

理論的で効果的ではない方法を取り入れてしまうことでバランスが崩れてしまいより大負けしてしまう要因になってしまいます

大事なのは

自分のやり方を客観的にとらえて

間違っていたら即座に修正して

正しいと思ったのならやり方を変えずに貫き続けることです

僕はいつも自分が正しいと思う行動をとっています

短期的に負けが続いたとしても、客観的に見て自分のやり方が間違ってないと判断した場合にはそれを貫き続けていきます

すると長期的な結果としてはプラスに向いてくることが多いです

短期的な結果に惑わされずに、自身のやり方を貫くことが大切です

2、掃除をする

将棋で有名な羽生善治さんは

「行き詰まったら、整理整頓」

というお父さんの口癖をもとに、自身も対局や何かで行き詰まった時には、掃除をするということを著書で話していました

さらに、今はコンマリさんという掃除で開運するといった断捨離の考え方が流行り

有名人や著名人でも掃除やきれい好きな人というのは多いです

ちょっとオカルトじゃないの?って思われそうなんですけど、これは僕も実践していることで実際に効果を感じています

僕自身もギャンブルで負けたり、日常生活で不運なことが続いた時には家の掃除を行うことが多いです

そうすると、気分も晴れて、新しい気持ちで次の勝負に向かうことができるようになります

その効果?かどうかはわかりませんが

ギャンブルの年間での収支というのは安定してプラスで推移しています

行き詰まった際の掃除はおすすめです

3、財布のひもを締める

不ヅキな時っていうのは、不思議と財布のひもとリンクしていることが多い

無駄な出費がかさんだなあっていう時は

不思議と日常生活でもトラブルが続いたり、ギャンブルの成績もよくないことが多い

だから、運が無いなと感じた時には、節約を心がけて無駄な出費を削ることを心がけています

不ヅキを感じたら、財布の紐を締めましょう!

最後はメンタル

僕の不ヅキ解消法はいかかでしたでしょうか?

でも、僕が最終的に感じることは

やっぱりメンタルが一番大事ってことです

「自分はなんてついてないんだ」

「自分が勝てるわけがない」

「自分はダメな人間だ」

そういうネガティブな気持ちを抱いていたら、自然と悪いことが起こってくるってのは僕もよくあります

そういったマイナスな気持ちを払しょくして

気持ちよく行動することが大事かな?って思います

お金についてカテゴリの最新記事