【お金の管理】仕事を辞めた後の生活費を詳細に計算してみた!

【お金の管理】仕事を辞めた後の生活費を詳細に計算してみた!

退職後の生活費はどの程度かかるのか?

現在の生活費と比較してみた

ガイルです

来月から無職となる身として今一番懸念していることは

やはり生活費です!

そこで実際にいくらかかるのか細かく計算してみました!

現在の生活費

🔶支出

家賃(実家)           4万円
楽天カード(食費込)     15000円
ビューカード(交通費)       9050円
携帯代               2000円
個人年金保険         10000円
明治安田自分の保険      10000円
オリックスキュア保険     1582円
都民共済           2000円
アクサのがん保険      610円
サーバー代          1080円
その他雑費           10000円

投資額を除いた生活費の合計は101322円です

実家暮らしで光熱費等はかからないとはいえ

思ったよりだいぶかかっているなあ・・・

生活費だけなら7万円くらいなのに

交通費が約1万円と個人年金や加入している保険代が合計で2万5千円もかかるため生活費が10万円を超えてしまう

普段は食費や雑費もそんなにかからないのだが、やっぱり仕事をしているとふとした時に雑費や食費などがかかってしまう

退職後の支出予定

家賃(実家)            5万円
楽天カード(食費込)    5000円
携帯代           2000円
国民年金保険料     16740円
国民健康保険料     17528円
個人年金保険          10000円
オリックスキュア保険         1582円
アクサのがん保険          610円
サーバー代          1080円
その他雑費          5000円

退職後の生活費予定額は109540円となりました

国民年金などを払っても意外と変わらない?というのは意外だったなぁ

退職して増える支出

まず、家に入れる家賃は5万円に上げます!

家で生活する時間も増え迷惑をかけることも多くなるので、家に入れるお金は増やそうと思ってます

それでも光熱費がかからないことを考えたら家賃としてはだいぶ安いです

そして現在【平成30年度(平成30年4月~平成31年3月まで)】国民年金保険料は月額16340円とのこと

仕事を辞めた後は厚生年金から国民年金保険へと移行します

僕は付加年金という定額保険料に毎月400円の付加保険料を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やせるシステムを利用する予定なので

毎月の国民年金保険料が16740円となる

そして国民健康保険料が

年収300万円の場合に月当たり17528円

年収100万円の場合に月当たり5073円

となるので、初年度は17528円は取られる計算になる

以上の合計44268円が退職後に余計にかかる費用となる

退職して減る支出

まず毎月かかる交通費9050円がなくなる

仕事を辞めた後は明治安田生命の自分の保険と都民共済は解約予定なので毎月12000円の保険料の支払いがなくなる

仕事を辞めれば楽天カードの支払で10000円、その他雑費の支払も5000円は節約できると思うので合計15000円は支出を減らせるだろう

退職すれば合計36250円は支出が減らせると計算している

お金に不安ならきちんと数字として出しておこう

不安が多い退職後の生活だが、支出は今の生活よりも大きく増えることはなさそうなので安心した

仕事を辞めるというのはすごい不安だが

やみくもに不安を感じるのではなく

どれだけお金が必要なのか?を明確にして

きちんとリスクを数字として出して計算して行動しておけば安心できる

ひとまず退職してすぐにお金に困ることはなさそうなのでよかった

しかしながら、これに加えて毎月投資をしていくとなると・・・

14、5万円くらいの収入がほしくなってしまう

うーん、まあ正社員としての仕事をしないでそれだけの収入を望むのはきびしいよなあ

バイトのほうは仕事を辞めた後に出勤を増やす予定なので月10万円くらいなら何とかなりそうである

とりあえず今年一年は国民健康保険料も高いし、高望みせずにお金を減らさないことに注力していこうと思う

お金についてカテゴリの最新記事