セミリタイア生活に失敗して後悔しないように計画しよう

セミリタイア生活に失敗して後悔しないように計画しよう

セミリタイア生活をして後悔した人の話

どうして仕事を辞めてしまったのか・・・

ガイルです

「仕事を辞めるんじゃなかった」

お金を貯めてセミリタイア生活に入っていた人が仕事を辞めて10年が経ち後悔の念に苛まれているそうです

何故自分はセミリタイアなんてしてしまったのだろう

仕事を続けていれば、結婚や子育てなどのイベントや出世や周囲とのコミュニケーションが取れたり

不安な事など何一つなかったのだろうに

何故僕は仕事を辞めてしまったのだろう

そんなことを考えて後悔しています

セミリタイア生活失敗だ・・・

最後にそう書かれていました

お金を貯め続けて理想としていたセミリタイア生活を10年も続けたものの、資金がなくなり、セミリタイア生活に失敗をしてしまった人の話です

今からセミリタイア生活を目指すものとしては下手なホラー映画よりも恐ろしい内容である

自分も仕事を辞めて後悔することがあるのかな?

少し不安になった

セミリタイア後について真剣に考えなければいけない

自分もセミリタイア生活をして後悔するかもしれない

不安を取り除くにはあらゆる要素を計算に入れてしっかりとした計画を立てないといけない

やっぱり仕事を辞めるというのは甘いものではない

収入は減るし、周囲や社会との関りも減り、孤独感も増すでしょう

この人も仕事を辞めた直後は

ヒャッホーッ、自由だーみたいな開放感があったはずです

でも年月が経ち、孤独感や資産が減っていくことへの後悔の念が襲ってきたわけですね

見通しが甘かったと言えばそれまでですが、人生は予期せぬことが起こるものです

まあでも文面から感じるのはこの人は仕事が嫌いではなく前職の人間関係や給与面でも普通よりはるかに良さそうだな?ということです

仕事を続けていれば不安な思いをすることがなかったのに・・・

なんて感じてる時点で、前職がかなり好待遇だったことがわかる

収入が良くて、職場関係も良好なら確かに別に辞める必要はなかったでしょう

自分が恵まれている環境にいることはその時には気づかないものです

その時の収入の感覚が抜けていなかったのでしょう

リタイア後は結構なペースで散財して資産を減らしてしまったみたいです 

辞めた後の収入と収支の計算もしっかりとしておかないといけないと気づかされます

自分は後悔はしない

では、自分は後悔するのか?と考えてみるとまず大丈夫だと思います

年収300万円で、週に1日しか自由な時間がなく、拘束時間も長い

仕事を辞めたとしても条件が悪くなることはそんなにないでしょう

下手したらバイトを掛け持ちしたほうが収入がいいかもしれないレベルです

それに辞めた後に人や社会とのかかわりあいがなくなって孤独感を感じるということもないでしょう

僕は一人でいるのが好きだし

そもそも仕事で孤独感を解消できるとも思っていません

過去10年間の社会人生活で今も付き合いのある人なんて数人です

仕事なんてやめてしまえば関係性はなくなるし、すぐに他人です

そんなんで孤独感がなくなるなんてことはないでしょう

それに仮に孤独感を感じたとしたら仕事以外の何かで満たせばいいだけです

外で遊ぶ趣味を作ったり、旅行に行ったり、ボランティア活動をしたり

方法はいくらでもあるはずで、仕事をする必要があるわけでもない

収入も月に10万円あれば十分!

やっぱり考えれば考えるほど

仕事を辞めて後悔するということは僕はなさそうだ

でも仕事を辞める前に仕事を辞めたら後悔しないかな?ということをしっかりと考えて計画しておかないと

この人のように仕事を辞めた後に後悔をすることになるかもしれません

仕事を辞めた後のこともしっかりと考えて計画しておこう

雑記カテゴリの最新記事