ギャンブルや投資で勝つ方法は収支をつけること!

ギャンブルや投資で勝つ方法は収支をつけること!

収支をつける重要性について

ガイルです

僕は現在ギャンブルや投資の成績、さらには毎月の収入や収支を毎日記録しています

これはお金を貯めることを意識するようになった数年前から始めたことです

しかし以前は一切収支などはつけていませんでした

まあ、いちいち面倒くさいですからね

勝ちも負けもどんぶり勘定でした

ですが真剣にお金を貯めるようになってから、家計簿や収支表をつけるようになったことで

大幅に収支が改善されました

そこからは家計簿や収支表をつけることの重要性を実感して、習慣化しています

そして気付いたことがいくつかあります

ギャンブルや投資で負けている人は例外なく収支をつけていない!

収支をつけることはギャンブルや投資の成績の強弱にも通じていて

僕の周りでも麻雀やスロットなどのギャンブルが趣味の人が多くいるのですが

ギャンブルの弱い人で収支をつけている人は皆無です

大げさではなく、本当にゼロだと思います

今月はバカ勝ちしちゃったぜ!なんて人でもよくよくこれまでの収支を計算してみるとマイナスであることはよくあります

人間は勝った記憶は鮮明に覚えていて、負けた記憶はすぐに失ってしまうものだからです

さらに負けていることを収支として出して記録をするというのは、いわば自分の失敗を認めてしまうことに等しいのでやりたくないということでもあると思います

だから収支を出すことなく、勝った時だけ声高に叫ぶ人が多くなってしまうのです

僕自身も、今月は勝った!って思って収支を出してみると、全然マイナスだったなんてことはよくあります

逆に勝ち組と呼ばれるギャンブルにおいて成績を残している人は皆成績をつけています

僕がギャンブルや投資の成績が改善されたのも収支をつけるようになってからです

ギャンブルや投資で勝つためにはしっかりと収支をつけて

数字としてキッチリ出し、現実を知ることが大切です

数字は残酷だが常に正しい!

数字は一切言い訳ができません

負けた時にはいくらでも言い訳ができますが

数字には一切ごまかしがききません

自分がいくら天才で才能があって、勝ち組だと思い込んだとしても現実で資産が増えていなければそれは運用においては敗北です

僕でもそうですが、言い訳はいくらでもできます

今月は相場の環境が悪かった

今月は出費が多かった

運が悪かった

いくらでも自分を慰めることはできます

しかし、数字としてお金が増えていなければそれは運用において間違いなく負けです

確かに負けを認めることは恥ずかしいし、いやかもしれません

しかし数字として出すことで失敗を認め、次にどういう風に行動すべきか?しっかりと反省することができます

そして反省し、失敗を繰り返さないことで収支が改善されていきます

そして確実に資産が増えて、数字として結果を残せるようになった時には

揺るぎのない自信が得られることになります

ぜひ、収支をつけて数字化することを習慣化してみてください

お金についてカテゴリの最新記事