なぜ私たちはお金が無いのか?

ガイルです

貯金がゼロという世帯が実に30%前後あると聞きます

僕もつい数年前まではこの貯蓄ゼロ世帯に含まれていました

なのでお金を貯める難しさというのは重々承知しています

しかしながら

人それぞれ家族構成や仕事や収入が異なるのにみんな一様にお金が無いという状況に陥るのは何故なのか?

それはバビロンの大富豪という本で

人間は意識しなければ、必要経費と呼ばれるものと収入が同額になる

という言葉で書かれています

この言葉こそ収入が違うにも関わらず皆お金が無くなってしまう事の真理をついています

どれだけ収入が増えようが、意識しなければそれに比例して必要経費と呼ばれるものも増えるため結局貯金が出来ないのです

僕よりも収入が多い人は周りにたくさんいます

でもそんな人たちでも給料日前にはお金が無いと嘆いています

それは彼らが必要経費と呼んでいる支出があまりにも多すぎるためです

家賃が10万円とか、車のローンに毎月5万円とか、さらにはお酒やタバコ、朝のコーヒーに贅沢品や嗜好品を好みます

みんなそのくらい使うでしょ?みたいな考え方を平気でします

それが必要経費なら僕は借金しないと生活できませんけど、、、

他にも、豊かな老後の生活には月25万円必要ですとか訳の分からない数字を出して、お金はたくさん使わないと生活出来ないと言った考えを刷り込ませてきます

老後の生活に毎月25万円?

僕は鼻で笑ってしまいます

お金を本気で貯めたいと志すなら

そんな訳の分からない世間のお金の価値観とは一線を引いて自分の価値観を築かないとお金は築けないです

僕もそんな世間の価値観に合わせて生きてきた二十代の後半には、ほとんどお金がありませんでした

お金が貯まり始めたのは、世間の価値観や常識を取っ払って自分の価値観のみを追求したからです

必要の無いものには一切金を使わない

そんな信念を数年もの間貫いたからお金が貯まったのです

人は意識しないと必要経費と収入が同額になる

この言葉を肝に命じて必要経費とは何か?を真剣に考えて減らす努力をしなければ

いつまでたってもお金が増えることはないです

お金についてカテゴリの最新記事