将来成功する人間になれるかがわかるマシュマロ実験?

将来成功する人間になれるかがわかるマシュマロ実験?

マシュマロ実験とは?

ガイルです

子供の自制心と将来の社会的成果の関連性を調査した著名な実験でマシュマロ・テストというものがあります。マシュマロの代わりにクッキーや飴を使ったものもあるそうですが、実験内容は

机と椅子しかなく気が散ることのない部屋に子供を呼び出し机の上にマシュマロを1つ置いておきます

そして実験者が子供に

「私はこれから15分間部屋から出ていくが、戻ってくる時までにマシュマロを食べるのを我慢できたらもう一つマシュマロをあげよう」

と告げて部屋を離れます

離れた後の様子はカメラで観察されたのですが

結果はおよそ3分の2の子供が誘惑に負けマシュマロを食べてしまい

残りの3分の1の子供がマシュマロを食べる誘惑に打ち勝ち2個目のマシュマロを食べることが出来ました

僕が特に興味深かったのは、マシュマロを食べる事が出来た子と出来なかった子の反応の違いです

マシュマロを観たり、触ったり、嗅いだりしていたグループは最終的にマシュマロを食べてしまう確率が高く

マシュマロを観ないようにしたり、後ろを向いたり、マシュマロから注意をそらそうとしたグループの子供たちのほうがマシュマロを最終的に食べることを我慢して、2個目のマシュマロをゲットできる確率が高かったそうです

ちなみに食べることを我慢できた子供たちのほうが周囲から優秀といわれることが多く、大学進学適性試験(SAT)の結果も優れているとのことであった

成功と自制心

このことから、成功するためには自制心が大切であるとわかります

大人になってからもありとあらゆる誘惑が襲ってきます。それらをすべて満たそうと思ったらお金がいくらあっても足りません

ではどのようにして誘惑に勝つか?ですが、答えは子供たちの反応にあると思います

そう、2個目のマシュマロをゲットできた子供たちはマシュマロに注意を向けないことで誘惑に打ち勝つことができたのです

お金の誘惑に勝つにはお金に注意を向けないようにする

僕はこの実験って資産運用にも活かせると思ってます

お金を増やしたいと思うのならお金に注意を向けないことが大切ではないか?と

実は僕もお金を貯めだした当初は常に資金の増減や銀行の口座残高などを気にしたり、資産運用の結果も毎日チェックしたりしていましたが・・・

資金の増減を気にしていると、銀行の残高が増えれば安心して散財をして、銀行の残高が減れば不安で恐怖する

資産運用の結果を気にしていると、毎日の結果に喜怒哀楽して、結果として誤った行動を選択してしまう

そんな日々を経験した今では、資金の増減や運用結果は全くといっていほど気にしてません

しかし運用の結果は年々よくなっています

不思議なもので僕が経験したことって逆説的なんですよね

お金が好きだったり関心があってお金を増やしたい、貯めたいと思っているのに、逆にお金に関心や注意を向けないほうが結果としてお金が貯まるみたいな

ギャンブルも同じで、勝ちたいと思ってギャンブルをしているのに、なぜか勝敗やお金のことを意識していないときのほうが結果として勝率が良いです

僕だけかもしれないですけどね・・・

ただ、何かを我慢するときにはその対象に意識や注意を向けないようにすることで達成できる確率が上がるということは僕の実体験からも感じます

お金についてカテゴリの最新記事