30を超える節約術と資産運用を実行することができた理由!

30を超える節約術と資産運用を実行することができた理由!

半年間でひとつお金に良いことを始める

ガイルです。僕が記事にしている投資法や節約法はおそらく30ほどはあると思います

我ながら「そんなにやってたのかぁー」と思いますが僕は投資歴で言えば高校生からやってますので15年ほどになります

15年かけて30ほどのお金にいいことを始めただけなんです

つまり半年間でひとつというペースです

半年かけてひとつだけお金にいいことをしようと意識すれば数年後には大きな差になっています

最初は節約がおすすめ

特に一番最初にお勧めするのは節約系の何かを始めていくことです

・通信費・光熱費などの固定費の削減(格安SIM、電力会社の変更)

・コンビニの購入を減らし、スーパーでの購入を増やす

・日々の食費を抑える。マイボトルや節約レシピを採用する

・煙草をやめる

・クレジットカードでの支払いでポイントをGETする

などなどこういった節約の技術や方法を学んで実践できれば生涯にわたって固定費を減らすことができます

例えばこれらの5つの節約でも半年間でひとつづつこなしていったならば、2年半後には月当たりで3万円は節約できるのではないでしょうか?

お金を増やす、儲けるって聞くとまず第一に投資やお金稼ぎ、起業などといったことを思いつく方が多いと思いますが節約は最強の資産運用方法です

もう節約することができなくなったら資産運用を考える

正直僕は資産運用っておすすめできないんですよね

若いときからあらゆる勝負事やギャンブルなどをやっているのですが共通するのは

「勝てない人はいつまでたっても勝てない」んです

ギャンブルや資産運用で勝てる人は本当にひと握りだしそもそも僕だって将来勝てるかどうかもわかりませんのでおすすめはしません

ですが今のこの日本で生きるってなにも行動しないと地の底まで落ちるような苦しい生活が待っているのも事実です

なのでまずは節約をして、余裕資金ができたら運用を始めるのが一番です

失敗しても節約をして生活費が抑えられていればリスクが減らせます

ひとつだけ投資先でおすすめするなら損をしないことに特化した確定拠出年金(イデコ)です(会社員の方のみ。主婦や学生で収入がない方はメリットが少ないです)

低コストの投資信託(年間手数料0.2%ほど)を積立ながら利益は非課税でなおかつ積み立てた金額はすべて全額所得控除のため給料によりますが、年間5万円くらいは所得税・住民税の控除を受けられます

僕が年末調整などで戻ってくる金額が大体4万5千円くらいだったはずです

30年積み立てれば税金の控除だけで150万円の節税になります

受け取り時に利益が出ても非課税でなおかつ年金形式で積み立てたお金を受け取ることができるので老後の資金対策としては最もおすすめです

運用は損をするか得をするかわかりませんが、節税のメリットだけでも受け取ることができるのが大きいです

ただ原則60歳までからしか引き落とせないので注意が必要ですが逆に60歳まで引き落とせないというのはお金を貯める上では下手に解約して散財してしまわないのでメリットにもなります

早めにお金を貯めれる体質になろう!

これらのちょっとした事の積み重ねを続けると気づくとお金が貯まる体質になっているものです

あまりにもやるべきことが多いと何から手を付けていいかわからず結局何もしないとなってしまいがちですが

半年でひとつならプレッシャーもなくゆっくりとできるのではないでしょうか?

目の前にある大きな壁も階段を作ってちょっとづつ登っていけばいつかは超えられるようになれますしやれば誰にでもできます

だって僕だってほんの3年ほど前には全くお金がなかったんですから

やるかやらないかだけです

めんどくさいかもしれませんが現状を変えたい・変えなければいけないならば

必ず行動しなければいけません

半年間でひとつでいいので何かを変えるための行動をしてみると本当に大きな変化が訪れてきます

 

お金についてカテゴリの最新記事