この年収だとキツイよね

この年収だとキツイよね

2019年の平均年収

ガイルです

転職サービス「doda]」によると

2018年9月~2019年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの平均年収をまとめると2019年の平均年収は408万円になるとのこと

引用:パーソナルキャリア

2018年が420万円ほどらしいので、かなりの減少だ

国が統計を取って発表している日本人の平均年収は441万円だが、転職サイトに登録している実寸のデータではもっと低いみたいだ

なぜこんなに国のデータと違うのかというと、転職サイトに登録している人は企業の社長などといった、一部の何億円とかを稼ぎ出す人たちが含まれていないために国の平均よりも大きく下回ってしまうのだろう

一部の金持ちを除いた一般の庶民的には平均年収は400万円ちょっとなのだろう

ちなみに最も割合の多い中央値では360万円ほどらしい

ボーナスなしで税金などを抜いた月の手取り額を計算すると、年収400万円で月手取り25,5万円、年収360万円で月手取り23,2万円ほどだ

これでは、どう考えても厳しいよね

物価と税金も上がっている

賃金の減少に加えて、物価と税金がエグいくらいに上昇してますからね

消費税も上がっているし、物価は10年くらい前と比べて20%は高くなっているんじゃなかろうか?それに税金もどんどん上がっている

実質賃金ベースで言ったら10年前と比べて20%以上は減っているだろう

こんな状況では将来の夢や希望を語りあうのもバカバカしくなってしまう、その日を生きていくのでいっぱいいっぱいだ

昔のようにたくさん働いてたくさん稼いで、たくさんの物を購入するそんな時代ではないのだろう

自分の身の丈を知って、手に入れられるものと手に入れられないものをわきまえて、断捨離していくことが大切だ

夢は願えば叶うとか、欲しいものはなんでも手に入るといった時代は残念ながら無くなってしまったのだ

今あるものを現実として受け止めて、現実の中で世知辛く生きていかなくてはいけないのだろうな・・・

それにしても、統計を取った平均年齢が40歳以上で、平均年収408万円の手取り25,5万円って絶望的な数字だよな・・・

平均年収300万円時代が遅かれ早かれやってくることになるだろう

お金についてカテゴリの最新記事