ギャンブルってよくできてるよね

ギャンブルってよくできてるよね

連日の敗北

ガイルです

つい先日パチンコの花の慶次で久しぶりの快勝して43000円も浮いたのに、調子に乗ってまた慶次を打ったら、その後2日で24000円やられました

ギャンブルってよくできているもんです

帳尻が必ず合うようになっている

初日に初当たりから16連チャンもしたのに、その後は2回あたりを引いたものの単発終了で傷口を広げてしまった

継続率80%ほどで、2回連続単発は痛すぎる

5分の1を2回引く確率と同じだから、25分の1ってところか・・・

ただ、初日は16連しているからなぁ、確率的には収束した感じなのかな?

まあギャンブルをやってればこんなこと日常茶飯事ですけどね

期待値の話

僕はパチンコもスロットも麻雀もすべてのギャンブルを確率と期待値で計算している

パチンコは1000円で20回転がボーダーだとしたらそれ以上回る台を打つ

スロットは天井の期待値が2000円以上が見込める台を打つ

麻雀は1半荘当たりで500円以上はプラスになれるように押し引きを磨く

どれもこれも期待値を求めての行動だ

わかりやすく言うなら

50%の確率で10000円貰えるが、50%の確率で9500円損をする

そんな勝負を何回も重ねていくのが、ギャンブルにおける期待値を稼ぐということだと思っている

2回やって勝ちと負けが1回ずつ出れば500円稼げる、100回やって両方同じだけ出れば合計で25000円を稼げる計算だ

それを積み重ねていく

とはいえ、ギャンブルなので当然こんな机上の空論通りにはならず

9500円の負けを何回も引いてしまうってこともある

そうなればプラスなんて一瞬で吹き飛んでしまう

それがキツイ

この安定のしづらさが、僕が麻雀のバイトをあまり好きではなかった理由の一つでもある

1年間で100万円近く麻雀で勝ったわけだが、収支は+20万円の時もあれば、マイナスの月もあって全く安定しない

計算してみると1回あたりの僕の麻雀の期待値は700円以上あったわけだが、それでもこれだけ収支がブレるのだ

ギャンブルにおける期待値500円はあってないようなもので、普通に何十万円とか負けることもある

だからギャンブルで生活するってのは、よほどの才覚が無い限りは不可能だと思っている

僕の月の生活費は7,8万円くらいなので、本当にシビアにギャンブルをやっていけばもしかしたらギャンブルだけでも生活できるかも?と思ってしまいそうになることもあるが、実際は確実に月に10万円勝つってのはかなり難しい

下振れすれば平気で10万円、20万円が無くなってしまう

無職で無収入でこんなことを続けていれば精神的にも金銭的にもすぐに窮してしまうだろう

1時間仕事をして確実に1000円貰えるってのがどれだけすごいことかってのはギャンブルをしているとよくわかる

僕も理想は投資やギャンブルだけで生活をしていくことだが、現実的に考えてギャンブルで生計を立てるというのは茨の道なので考えてはいない

雑記カテゴリの最新記事