睡眠が一番の幸せ

睡眠が一番の幸せ

連続出勤を終えて思うこと

ガイルです

1週間のバイト連続出勤を終えました・・・

きつかったあーーー

仕事内容がきついわけではないのだが、何が一番きついって毎日朝9時には起きなきゃいけないことです

朝起きるのなんて当たり前と思うかもしれないけど、無職として怠惰な日々を過ごす自分にとってはこれが一番きつかった

バイトと言っても内容は麻雀を打つだけだし、冷暖房は効いているし、バイト自体はきついことは何一つない

ただ、朝起きるのだけが毎日苦痛だった

毎日目覚ましをセットして、次の日に仕事があるというプレッシャーから寝つきは悪くなるし、起きたらすぐ仕事だから寝覚めもよくない

仕事を辞めてからというもの寝たい時に寝るというストレスフリーな生活を送っていたので、寝たいときに寝れないというストレスは相当のものだった

睡眠の質が悪くなり、ストレスも溜まるし、疲れもとれづらくなるし、デメリットしかない

結局睡眠が一番大事だと気づかされる

仕事を辞めて感じる一番のメリットは睡眠

元々僕は毎日目覚ましに起こされるような生活が嫌で仕事を辞めたいと思ったものだ

好きな時に好きなだけ眠れるなんて幸せだ!そう思って仕事を辞めた

それを改めてこの連続出勤で感じることができた

朝起きて仕事して夜寝るってのはみんな当たり前のようにこなしているけど、それってすごいことだと思う

どんだけ仕事ができない人間だろうと尊敬されるべき大業だ

朝起きて自分の意志とは関係なしに目を覚まし、仕事の準備をして出発するそれだけでもすごいことだ

でも世間一般は朝起きて仕事に行くことなんて当たり前だと思っている

僕はそういう当たり前が嫌いだった

毎日起きて仕事して帰って寝るだけ

そんな生活が心から嫌いだった

しかもこんだけ自分の生活を削って頑張っても、それが当たり前って言葉で済まされて何一つ評価を得ることも無いっていうね・・・

本当に、毎日朝起きて仕事に行くだけでも相当すごいことだと思う

僕は多少生活が苦しくなろうが、お金が無くなろうが、寝たい時に寝て食べたいときに食べるという人間らしい生活がしたいと決意してお金を貯め始めた

その結果今僕は寝たい時に寝て食べたい時に食べるという自由を手に入れている

久しぶりの連続出勤を通じて、自由の尊さと楽しさを改めて実感できた

雑記カテゴリの最新記事