いざ無くなると寂しいもんです

いざ無くなると寂しいもんです

12月いっぱいで麻雀の打ち子はできなくなる?

ガイルです

従業員が立て続けに辞めた上にお客さんも少ないから

「バイト先のお店つぶれちゃうかも」

なんて話をしていたのだが、その話が現実味を帯びてきた

というのも、僕を麻雀の打ち子として誘ってくれた人と今のお店の店長が独立して会社を辞めるという話を聞かされました

お店の経営権は他者に譲ってお店は残るので、実質経営者が変わるだけ?みたいな感じらしいです

込み入った話は聞かなかったので詳細は不明だが12月いっぱいをもって

今の社長と僕を打ち子として誘ってくれた人は、今のお店の経営には関わらなくなるそうです

となると僕はどうなるのだろうか?

新しいオーナーの元で今までと同じようにやるのか?

それとも今のお店の社長がまた麻雀店を経営してそちらを手伝うのか?

どうなるのかは今のところわからない

とりあえず12月いっぱいでお店の経営者が変わるのは確定のようだ

色々ドタバタしているみたいだし、他人の俺が口出しするようなことでもないので成り行きを見守っている

ただ、今後どうなるのかは気になったので

「お手伝いは今月までで終わりってことですか?」

とは聞いてみたが

「ちょっとまだどうなるかわからない」

といった答えが返ってきた

なんかいろいろ大変そうだな

もう終わりって聞かされると寂しいもんだなあ

従業員はすぐ辞めるし、休みや出て欲しい日がコロコロ変わるしで面倒なことが多かったが

なんやかんやで1年半も続けてきていた

週に2,3日程度の手伝いだったが、年間では70万円以上稼がせてもらった

でも出勤は多いし面倒だから早く辞めて自由にやりたいなあ

なんて思っていたのだが、いざお店無くなっちゃうかも?と聞かされると寂しいものがある

収入も減っちゃうしね・・・・

自分の今後の身の振り方としては

今後も手伝って欲しいと言われれば手伝うが、今のようにお客として自由に打てるような環境じゃなくなり、制限をかけられるようならスッパリと辞めようと思っている

別に僕は仕事をしたいわけではないんでね

従業員的な感じで手伝って欲しいと言われたら、それは違うんで・・・

暇なときに、暇な時間を使って麻雀を打って、勝てればお金が貰える

そんなゆるい感じだからここまで続けられてこれたのだ

無くなっちゃうのは残念だが、それもしょうがない

手伝いたい気持ちはあるが、自分を殺してまで手伝う気はさらさら無い

危険を感じたら、当機は切り離し作業に入ります!

雑記カテゴリの最新記事