バイト先がつぶれちゃうかもしれない!?

バイト先がつぶれちゃうかもしれない!?

麻雀の打ち子が出来なくなっちゃう?

ガイルです

最近まことしやかに噂されていることがあります

それは今僕が麻雀の打ち子として稼いでいるお店が近々閉店するのではないか?と噂されているのです

いやいや、僕という打ち子がいるわけだし、そんなことないだろう

と思いつつ、でも冷静に考えると

最近メンバーが辞めてしまって従業員が全然おらず、僕もお客さんがいなくて時間より早く帰ることも多いし、人がいなくて卓が立たないこともある

あれ?これ以外に信憑性があるかもしれないな(笑)

まあ、立て続けに従業員が辞めているしお客さんも少ないから面白がってお客さんが話しているだけかもしれないが

本当に閉店する可能性も無きにしも非ずだ

別に仕事ではないとはいえ、毎月平均で5万円前後くらいは収入になっていた麻雀の打ち子としての収入がゼロになる可能性が出てきた

収入も何もない真の無職になる日は近いのかもしれない

収入激減のピンチだ!

真偽を確かめればいいのでは?という気がするが、決めるのは店長だし、僕から口出しをしたり聞く予定はない

まあ閉店するとしても最後はちゃんと出勤した分のゲームバックはきちんと貰うように調整しようというくらい

閉店して、給料払えないってなったら、タダ働きになってしまいますからね

そのリスクだけは避けなければいけない

まあでも想定していたこと

近いうちに真の無職になり、収入もなくなってしまうかもしれない

そんな不安はあるものの、まあこんなことも計画通りだ

僕は仕事をしている時でも

「明日クビになっても大丈夫」という準備を常にしてきた

それだけ他人や会社ってものを信用していないし、何かあった時に守れるのは自分自身だけだと思ってきた

そのためにお金を貯めて自分を守るための準備をしてきたわけだ

会社を運命共同体だと考えたことは一度もない

危険だと感じたら、当機は切り離し作業に入ります!

そもそも仕事を辞めた時点で数年間は収入もなく、仕事もしないで生活することになるかもしれないと覚悟していた

たまたま麻雀店の打ち子として誘われて、月数万円くらいは収入の足しにできていたくらいだ

いや、まあもちろん収入が全くなくなるのはかなり痛いけれどもね

致命傷ではない

それに僕は全く仕事をしたくないわけではなく、生きていくために必要ならば当然仕事をします

僕が仕事を辞めた時に強く思ったのは

生きるためには働くが、働くために生きるような生き方はしたくないってこと

仕事が全て!みたいなそういう生き方はこりごりだ

これまで月に25日出勤という月の8割というか人生の?8割を仕事に捧げるような生き方を続けてきたわけだから

そういうのはもう結構だね

これからもゆるーく生きていきたいなと思っている

雑記カテゴリの最新記事