仕事をするよりも、節約をするほうがラクだからしているだけ

仕事をするよりも、節約をするほうがラクだからしているだけ

仕事よりも節約のほうがラク

ガイルです

仕事を辞めてから節約をする生活に拍車がかかり

今僕は大体毎月1万円前後のお金で生活しています

極力外食は控えて、お金のかかる行動をせずに、じっと我慢しながら生活しています

そんなこと言うと

そんな我慢して生活するくらいなら働いて自由に使えるお金を得たほうがいいじゃんという意見もあると思います

がっつり働いて、がっつりお金を使う

自分の欲しいものや実現欲求を叶えるためにしっかりと仕事をしてお金を稼ぐのが一番だ!という考えです

まあ、一理ある

こんなせこせこと節約したり、失業手当を受給したり、謎のバイトをやったりする努力をするくらいなら

真面目に働けよ!っていうね

でも、そういうこと言う人って大概は仕事ができる人であったり、仕事が好きな人がほとんどです

僕は仕事ができる人ではなく、仕事が好きでもありません

仕事で努力をするくらいなら、お金を使わずに節約して仕事をしないですむ努力をしたい

そういう人間です

僕は

仕事のつらさ > 節約のつらさ

なんです

僕は仕事を頑張るのがあまりにも辛く、節約をするほうがラクで簡単なのでやっているだけです

僕にとって仕事をする辛さが100だとしたら、節約のつらさなんて10もないくらいです

だから節約に力を注いでいる

逆に

仕事の辛さが10で、節約の辛さが100の人なら

節約するほうがつらいから仕事で頑張って稼いでいるってわけです

仕事なんてお金のためにやっているだけ

仕事はお金を稼ぐためのものだけではなく、社会貢献や自己実現やコミュニケーションのために行うものである

っていう人もいるし、僕もそんなことを言われたりするのだが

きれいごとだなって思いますよ

じゃあ、社会貢献や自己実現や愛すべき仲間が得られるから、お金は一切与えません!って言われたら人は働くのか?って話です

結局のところ、人はお金のために働いているわけです

だからお金があれば別に働かなくてもいいじゃないと思っている

僕は仕事にやりがいや夢なんてものを持ち合わせていません

ただ単にお金を稼ぐためのツールというだけです

僕は働きたくない

だからお金を減らさないように節約をする

それだけです

別に節約をするのがすごいわけではなく

普通の人が仕事のために頑張り、お金を稼ぎ、欲しいものを得るために努力をするのと同じように

僕はお金を使わないことに努力しているというだけというわけです

僕自身ももっと仕事が好きだったら、人生って生きやすいだろうなあ

と思うこともあるけれども

やっぱ嫌いなものは嫌いなんですよね

これでも過去には仕事を好きになるべく努力をしたこともあるけれども、結局挫折しました

嫌いなもんは嫌いなんです

仕事が嫌いだからラクな節約に逃げているわけです

雑記カテゴリの最新記事