何にでも感動できるのはうらやましいもんです

何にでも感動できるのはうらやましいもんです

そんなに簡単に感動できる?

ガイルです

先日の日本ラグビーの盛り上がりはすごかったですねぇー

瞬間最高視聴率はなんと50%越えだとか!!

いや、マジでか?

そんなに見ている人がいたのかーー

50%って・・・

半分以上の人が見ていたってことなのか?すごいな・・・

日本が初めて?ベスト8に入り、試合も劇的な大逆転勝利でニュースキャスターが

「感動した!」

「大熱狂でした!」

みたいな発言をしていたのだが僕はちょっと冷めた目でこの熱狂を見ていた

ホントに?と思っちゃうのよね

ラグビーの正確なルールも選手の名前すら知らないような人が大半の中で、日本が勝ったくらいでそんなに感動するもんなの?って思っちゃう

うがった見方かもしれないけど

僕はワールドカップとかでサッカーが盛り上がっている時でも、興味が持てない人間だ

そんなルールも知らないスポーツを見て、簡単に感動できるもんなのかと不思議に思ってしまう

んで、こういう旬な時期が終わればサッカーにしろバレーにしろラグビーにしろ

一切報道もされなくなる

よくそんな一過性のものに熱狂できるものだ

なんか僕はそういう流行りの時だけ応援するようなのは、不誠実な気がしてどうにもできない

やるならやる、やらないならやらない

という白黒つけたい方だ

応援するならしっかりと最後まで応援したいし、興味を持ったのら最後まで見届ける

みたいなね

たまたま今ブームだから応援しとこうってのはできない

そもそも興味のないことにお金や時間を使いたくないってのもあるし

他人を応援している暇があったら、自分をなんとかすべきだ

無職で余裕もないってのに・・・

人を応援できるほどの優れた人間でもないしね

でもこういうのに熱狂ができる人ってのはうらやましいとすら思う

こういう流行りの話題とかには僕は一切ついていけないタイプの人間なんで、人と話すときによく話題に困ったものだ

このように周囲の話題や流行についていこうと努力することは悪いことではないと思うけどね

ただ僕は他人の頑張りや努力を自分のことのように賞賛したり感動するってのはできない

他人を応援している暇があったら、自分を何とかしろよって感じだ

まっ、こんなひねくれた考え方だからセミリタイアしようなんて思ったのかもしれないけどね

雑記カテゴリの最新記事