正社員のメリットなんてない

正社員のメリットなんてない

正社員が最高の時代は終わった

ガイルです

僕が学生時代の時は

正社員とバイトでは生涯でもらえる賃金の差が何千万にもなる上に、非正規雇用だと福利厚生も整っていないので、正社員を目指そうというのが一般的な考えでした

僕も何となくそうなのかなと思っていたけれども

最近そこまで正社員のメリットってないんじゃね?と思うようになってます

正社員のメリットとして厚生年金に加入ができて、将来の保障が手厚いというものがありますが

現在は厚生年金の加入条件がかなり引き下げられてます

厚生年金の加入条件

2016年10月からは、➀1週間の労働時間が20時間以上、②月額賃金8万8000円以上(年収換算106万円以上)、③勤務期間1年以上見込み、④学生以外、⑤従業員501人以上の企業等、という5つの要件を満たすと、厚生年金に加入となった。

 さらに2017年4月からは、500人以下の企業であっても、➀~④を満たす場合、労使の合意があれば厚生年金への加入が適用、また国や地方公共団代では➀~④を満たせば適用、となっている。

引用:プレジデントオンライン

今や週3日程度のバイトでも条件を満たせば厚生年金に加入できます

今後は501人以下の企業にも段階的に適用させようとする動きもあり

今後は労働者は皆厚生年金に加入させられる流れになってくるでしょう

アルバイトばかりして、国民年金なんて貰えるかどうかわからないから払わなくていいや!

なんて思っていた人は残念ですが、強制的に年金を払わさせる仕組みが完成されそうです

まあ、やっぱり国に逆らっちゃだめですよね

こういう風に、個人での年金の徴収が難しいとなったら、強制的に加入させる仕組みを作ってきますからね

国は恐ろしい・・・

でもそうなると本当に正社員のメリットってなくなりますよね

今までは正社員は福利厚生が手厚いのが唯一のメリットであったのに、それがアルバイトにも適用されるようになるのであれば

もはや正社員でいるメリットすらないです

これはもう国が正社員として毎日働くのではなく、アルバイトを含めた自由な労働選択ができるように勧めているとしか思えない

国を挙げてセミリタイアを応援してます

僕も前々から正社員として毎月25日も働くような生活っておかしいんじゃないか?って思っていたので時代が変わっているのを感じてます

生涯賃金の差が何千万円も違う!っていうけれども

単純に労働時間が長いだけじゃないか?とも思うしな

昔正社員として働いていた時に、実質的な労働時間と賃金を計算したら

バイトの子のほうが時給計算だと高いなんてこともありましたしね

日本って未だに正社員が最高みたいな考え方があるけれども

実質的にはほとんど変わんないことが多いです

雑記カテゴリの最新記事