仕事を辞めた後の税金の支払いがやべぇーー

仕事を辞めた後の税金の支払いがやべぇーー

今月の税金の支払いがヤバい

ガイルです

僕は仕事を辞めた4月から国民年金・健康保険・住民税などをすべてほったらかしにしていたんですが

さすがにそれではまずいと今月になって整理してみたら

税金の支払いがヤバいことになっていた

住民税が113500円

国民年金が5か月分で10万円ほど

健康保険料も5ヶ月で10万円ほど

たった五ヶ月で合計で30万円以上の支払いです!

これはやばいだろーー

住民税は去年の分だが、それを入れなくても合計で20万円以上だ

国民年金は16410円で一律なので納得できるが

任継続した国民健康保険料が月2万2千円ほどもかかっていた

いやいや無職になって任意継続しているのに国民健康保険料の支払いが2万円越えってのはいかがなものだろうか?

住民税とかもそうだけれども、仕事を辞めた後にかかる税金の支払いって高すぎると本当に思う

気軽に仕事を辞められないわけですよ

仕事を辞めてすぐに税金の支払いだけで30万近くあったのでは何の考えもなしに仕事を辞めるってのは困難ですよ

それに国民年金は実に3割、健康保険料は1割ほどが未納で、健康保険料を満額正直に支払っている人は3割ほどしかいないのだとか

まあこれだけ複雑で支払いも高額だと支払いたくなくなる気持ちもよくわかる

せめて、仕事を辞めた後の支払いは一律にしてくれないとよくわからないですよ

まあ来年は収入もないし健康保険料は大幅に下げられるとは思うのだが、それでいくらになるのかがわからないというのははっきり言って制度としてどうなの?と思ってしまう

仕事を辞めたら月額1万円とかもうちょっとわかりやすくしてほしいな

お金のことをチェックしているほうの僕ですら複雑すぎてよくわからないのだから税金ってよくできたシステムだなって思う

無職のほうが有利じゃない?

こういう仕事を辞めた後の税金の問題って過去にも何度もあるんですよね

そのたびに

税金って高いなぁーって思わされている

一般的には正社員として働いて企業側と労使折半で税金を払った方がお得なので正社員を目指そうと教え込まれているが

本当にそうなのかな?

正社員としてきっちり税金を払うよりも

月に10万円くらいの収入を得て、非正規雇用で自分で国民年金や健康保険料を払った方が効率的なんじゃないかなと最近思うようになった

月に10万円の収入ならほぼ税金はかからないし、厚生年金や健康保険料も折半にならないから管理しやすいし、仕事を辞めた後の税金に悩まされることもない

月に25日働くとしたらその内の7日分くらいは税金で取られているんじゃないかな?

つまり7日分は無駄というか税金のために働いているわけです

それだったら月に10日働いて10日分の給料をもらったほうが効率的ではないのかな?

まあ総収入が少なくなるから実入りは少ないけど

現在の僕のように必要最低限の収入だけで十分というのなら、正社員で働くというのは損な働き方なのかもしれないと最近は思うようになっている

雑記カテゴリの最新記事