電気が無かったら、僕も生きていけないかもしれないな

電気が無かったら、僕も生きていけないかもしれないな

千葉での大規模停電について

ガイルです

先日の台風の影響で千葉ではいまだに6万世帯で大規模停電が続いているそうです

これは大変だと思います

僕は現在東京に住んでいるが、以前東日本大震災があった時は、名古屋のほうに住んでいたので

長期停電や電気信号が付かないといった交通網の混乱といったことは経験したことが無い

しかし実際に被災した経験したことはなくても、長期の停電は大変だと容易に想像できる

冷蔵庫が使えないから食材の保存は難しいし

冷暖房も使えないから熱中症の危険もあるし

電気が使えないということは、トイレや風呂などの使用も困難だろう

さらには携帯電話やパソコンなどの電子機器、その他の電化製品も使えないということです

想像できるだけでも、過酷さがわかる

今の世の中電気が無ければ生活すらままならない

普段生活していると、電気やガスなどのライフラインが使えることに何のありがたみも感じないが、なくなったらとんでもないことになるよなぁ

僕も買い物はもっぱらネットで購入しているし、冷暖房もガンガン付けている

電気が今後一切使えないとなったら僕も生活することが困難だろう

東電に対する批判

なんか一部ネットニュースでは、東電の対応の悪さや復旧までに時間がかかることに批判の声が上がっているとか?

こういうニュースを聞くと少し悲しくなるのは僕だけだろうか

生活が困難だから早く復旧させてほしいと思うのは当然だろうが対応を批判するのは筋違いではないだろうか

必死で復旧作業している人に失礼じゃないか?

嫌なら電気使うなよとか自分は思ってしまう

なんかお客なら会社や作業員などの仕事に対して文句を言うのは当然っていう空気が好きではない

仕事なんだから早く復旧させろよ!と文句を言うのは人としてどうなのかなと思う

普通は復旧作業を善意で対応してくれる人には文句なんか言わないでしょう

本当に世の中、会社や仕事に対する風当たりは強いなと思う

一生懸命に復旧作業しているのに文句を言われるのなら自分は仕事なんてしたくないって思っちゃうけどね

実際仕事してないけど・・・

早く復旧が進んでほしいなあとは思ってます

雑記カテゴリの最新記事