久しぶりにがっつり説教された

久しぶりにがっつり説教された

僕の生き方は異端

ガイルです

先日麻雀を打ちに行った帰りに、お店で働くメンバーの一人と食事に行くことになった

その方は前のお店の先輩であり

僕がそのお店でお手伝いをするきっかけとなった人です

僕は基本酒は飲まないのだが、付き合いで何件かお店をはしごして

酒を交わしながらいろいろと雑談をしていた

その人は酒を飲むとかなり面倒なので乗り気ではなかったのだが

まあその予感は的中した

僕が今仕事をしていないのは知っているので

最初は雀荘とは別の仕事の手伝いみたいなのができないかなといった話だったのだが

当然お断りした

今は仕事をしたくないんで・・・

といった話をしていると

人間は誰だって嫌なこととかを我慢して生きているんだよとか今後結婚するとかってなったら今みたいな生活はできないだろ?みたいな話になって

それでも断っていると

お前は接客業を舐めているとか、人生をわかった気になっているといった説教が始まってしまった

もう、めんどくせぇ

と思いながらも

まあいつものことなんでいいやって感じで話を流していた

もう僕の気持ちはブログで常日頃に語っている通りなんで

仕事はしたくなったらするし

別に月に10万円稼げればそれでいい

そして今は仕事をしたくないんです

本当にもうただでさえ人付き合いが嫌いなのに勘弁してほしい

こういうのがあるから仕事とか社会人生活が嫌いなんだよな

しかしながら久しぶりに話をしてみて

やっぱり自分の生き方って異端なんだなって思い知らされた

普通の人はちゃんと働いて家族を養って自分の欲しいものを自分の稼ぎで手に入れる

それが普通なんだなと・・・

でも残念ながら僕は今の価値観を変えることはできない

むしろ他人に言われてすぐに方向転換できるような人間だったら

こんな生き方は選択していないだろう

人それぞれの価値観や考え方そして生き方があるのだからいちいち干渉しないで欲しい

ただ、僕は他人に無関心だし、他人がどう生きようが興味のない人間だが

こういう風に他人のために説教したり熱く語ってくれる人ってのもありがたい存在なんですけどね

ただ、僕に関しては残念ながら修正不可能なので、そっとしておいてほしい

雑記カテゴリの最新記事