現在は無職にとっては生きやすい世の中だな

現在は無職にとっては生きやすい世の中だな

世間の目が少ない時代

ガイルです

仕事を辞めて思うことは

今の時代って無職にとってはすごく生きやすい時代だなって感じます

僕は周囲に仕事をしていないことは伝えているのだが

特にそれでどうこう言われたりすることはない

よくも悪くも干渉を受けることがない

一昔前、僕が子供のころといえば

結婚していない

仕事していない

子供がいない

なんていう大人は周囲からの風当たりが強くて冷たい視線にさらされる場合が多かった

村八分状態である

やっぱりいつの時代も少数派は迫害されるものである

血液型占いでも、日本では比率の多いA型やO型が中心となり

少数派のAB型やB型は非難を浴びることが多いのも、少数派を迫害する流れがあるからだ

数の暴力ってやつです

しかしながら今は晩婚化が進み、仕事も終身雇用などと言う時代ではなく、少子化である

僕のように30代で仕事を辞めたり、結婚していない人ってのは少数派どころかむしろ多数派になりつつある

様々なライフスタイルを認める風潮と相まって今では仕事をしていないからと言って特に批判を浴びることもない

それは仕事を辞めてから助かったなあと感じることです

僕の子供のころのようにネットなどがなく

世間の目というものを第一に考えるような時代では、今のように仕事を辞めて悠々と生活をするという選択肢は取れなかったと思う

もし、僕が仕事を辞めた時に

両親や親戚一同の非難を浴びるような時代だったり、世間の風当たりが強い時代だったなら僕もこんな悠長に生活できなかったと思う

本当に時代が良かった

それにネットがある現代では暇つぶしの方法にも事欠くことがなく

いくらでも無料で遊べる

確実にセミリタイアをするには今が一番いい時代であると断言できる

今が一番周囲の目だとかを気にせずに生きたいように生きやすい時代なのだと思う

雑記カテゴリの最新記事