不登校YouTuberか・・・人生はそんなに甘くないんだよ!

不登校YouTuberか・・・人生はそんなに甘くないんだよ!

不登校YouTuber”炎上!

ガイルです

Yahoo!ニュースで話題に上がっていた不登校YouTuberについて色々と思うことがあったので語ってみる

 10歳の“不登校YouTuber”『少年革命家ゆたぼん』が炎上している。「宿題を強制する学校に嫌気がさした」「先生に従う同級生がロボットにみえた」

 “学校は行きたいときに行く”姿勢のゆたぼんは、図工の授業や給食を食べにだけ行ったりしているとテレビのインタビューに答えていました。すでに自分で科目を選ぶ大学生の感覚です」

引用:Yahoo!ニュース

かなりの批判を浴びたニュースですし、自分も興味を持ちました

うーん、行きたいときだけ学校に行くかぁ

似たようなことをよく話している奴がいますよねぇ~

 

そう、自分です

 

いや、ニュースをみた時は

「何ガキが生意気言ってんだよ!」くらいに思ってたんだが

働きたいときだけ働くという姿勢をつらぬいている自分はこのゆたぽんって子供とたいして変わらないよなと思った

僕は知能指数が子供みたいなもんなんだろうな

体は大人、頭脳は子供!

僕はコナンとは反対で

彼とは似た者同士なのかもしれないけど

まあでも、僕から言えるのは

その道を貫くのはいばらの道だよ!ってことです

世の中は楽だと思う道ほど実は大変なんだよってことをまだ知らないんだろうってこと

世に出ているYouTuberだって決してラクして金を稼いでいるわけではなく膨大な知識や技術や才能があり

裏でとてつもない努力をしている

僕も今は仕事をしていないが、その前は1日12時間労働を週に6日行い、空いた時間にバイトを入れるというありえないスケジュールをこなしながらお金を貯め続けた結果

今は仕事をしなくても何とかなっているだけである

ラクをしようと思ったら、裏で大変な労力が必要となる

しかも、人と違うことをするということは多くの批判を浴びるし、それを跳ね返すだけの見えない努力や決意に覚悟も必要となってくる

勉強もせずに図工をしたり給食を食べに学校に行くような輩が成功するとはとても思えない

僕も割と自由に生きているほうだが、その分の努力をしてきたという自負はあるし

仮に人生に失敗したとしても、責任は自分で取るという覚悟を持っている

そこが彼とは絶対的に違うところだ

自分のやりたいことだけやるってのはとんでもなく困難な道である

「自分はロボットになりたくない」という姿勢は立派だがもう少し広い視野を養ったほうがいいなと感じた

人生はそんなに甘くないもんである

雑記カテゴリの最新記事