残り4年間も仕事を続けるというのは、最初から無理だった感がある

残り4年間も仕事を続けるというのは、最初から無理だった感がある

来月で退職!

仕事を辞める決断をして思うこと

ガイルです

本来なら後4年間は仕事を頑張ってから辞める予定でしたが、来月に仕事を辞める決断をして思うことがあります

それはもう後4年間も仕事を続けることは不可能だっただろうということです

今回は連続出勤や夜勤などで休みの日や出勤予定がコロコロ変わり

その上で仕事で理不尽な仕打ちや叱責を受けるなどの出来事が重なり

もういい加減にしろ!といった怒りの感情が爆発してしまいました

だからそういう出来事が無ければもう少し続けていただろうと思ってたのだけど

仕事を辞めることが決定して思うのは

たぶん何もなくても1年くらいで辞めてただろうなという事です

僕の仕事に対するスタンス

僕は元来仕事に対する嫌悪感があり積極的に仕事をするということはないものの

基本は波風を立てたくないし自分の意見や考え方を主張するような我が強いタイプでもありません

黙々と仕事しますし、仕事場ではかなりいい子ちゃんです

会社にとっては都合のいい人材と言った感じです

だから次第に仕事の量や責任などの要求されるものが大きくなりました

しかしながら僕にとって仕事はお金を稼ぐためだけのただのツールです

生きがいとかやりがいとか責任とかそういったものは一切求めていません

僕自身は最低限の仕事ができていて、お金がもらえていれば

仕事なんてどうでもいいというスタンスですからね

会社とか上司とは常に温度差があります

こうしろ!と命令されたり怒られるたびに

ここまでやらなくてもよくない?なんでこんなことで怒られるの?という不満を感じてました

毎朝定時に起きて、自分の意見や考えを押し殺し、プライベートも会社に捧げて、滅私奉公するみたいな

そういったのは嫌なんです

意識してはいなかったものの、知らず知らずにそういった不満が蓄積していたのでしょう

辞めることを決めてから普段は抑え込んでいるそういった気持ちが爆発してきました

だから何もなくても4年はおろか1年も続けられていたかは疑問ですね

予定よりはだいぶ早い退職となり、会社にとっても意外だったと思いますが

遅かれ早かれこうなっていたのかな?と思います

雑記カテゴリの最新記事