給料に不満があるのに転職しない理由

給料に不満があるのに転職しない理由

ガイルです

仕事が休みが少ないとか、残業が多いとか、給料が少ないとか結構仕事の悪口ばかり言ってるので

じゃあ転職すればいいんじゃね?

とか言われそうですが、それは考えてないんですよね

理由はいくつかあるんですけどまとめると

🔶また一から人間関係とか仕事を覚えたりするのがめんどくさい

🔶転職しても給料が上がるとは限らない

🔶転職を探す期間や時間がもったいない

🔶多分フルタイムで働くのはあと数年しかないから

以上が主な理由です

やっぱり一番は

めんどくせぇってことですね

今から新しい仕事や人間関係を構築するのはちょっとね・・・

次に勤める仕事を一生続けます!みたいなのがあれば頑張ろうという気持ちもわいてくるとは思うのですが

あと数年でフルタイムの仕事はしない予定だしなぁ

大した知識も資格も持っていない30過ぎの男が、新しい仕事や分野で1から学んで成功しよう!とは思えないですね

しかも仕事を辞めてから次の仕事を見つけるまでに時間がかかってしまったらどうでしょう?

月に20万円の手取りとして、仕事探しに3ヶ月かかったとしたら60万円分の機会的損失です

まあその60万円分の機会的損失を払ってでも、次の仕事が高給なら問題ないですが、逆に下がってしまう場合だってあるかもしれません

求人情報なんてあてになりませんからね

実際に勤めてみたら理想と全然違ったなんてこともあり得ます

それでは逆に効率が悪いし

仕事を辞める前に仕事をしながら面接を受けたり、就活をするというのもきついですしね

まあでも東京に住んでいますから今よりいい給料の仕事も本気で探せばありそうなものですけどね?

ただ、そこでネックになるのは結局あと数年でセミリタイア生活に入ろうとしていることですね

今よりも10万円、20万円と給料の良い仕事に就いたとしても

やっぱり仕事したくない!って気持ちはなくならないと思うんですよね

僕は給料が少ないから仕事したくないわけではなく、単純に仕事が嫌いなだけですからね

条件が改善されたとしても、辞めたい気持ちはなくならないと思うんですよね

だから仕事の不満を言うなら転職しろよ!というよりも

仕事を辞めるには今の仕事を続けるのが逆に一番の近道なので辞めずに続けています

お金についてカテゴリの最新記事