2018.2 IPO(新規公開株)投資運用成績。投資総額は80万円ほど当選はなし

2018.2 IPO(新規公開株)投資運用成績。投資総額は80万円ほど当選はなし

2018年2月のIPO投資運用実績

ガイルです。2月のIPO投資の結果公開。

IPO投資については、SBI証券と野村証券の2社から申し込み、新規IPOの取り扱いが出た時はすべて応募することを計画中。

IPOは1月はほとんど取り扱いがなく2月も5社程度と少なめです。

IPOは当選すればリスクも少なくリターンが大きいかなり理想的な投資先なのですが、

いかんせん当たりづらく、資金も拘束されるためIPO資金は80万円ほどを予定しています。

野村証券は申込時の資金拘束もなく当選したときだけ入金すればよいのでぶっちゃけ申し込み得なのでおすすめです。

SBI証券は資金に応じて申し込み枚数が増やせるため資金があるほどお得で、

なおかつSBIチャレンジポイントというシステムがあり、外れれば外れるほどチャレンジポイントがたまり、

ポイントが貯まれば人気のIPOでも当選できるため外れてもおいしい証券会社となってます。

2月は申込できるものは、すでに申し込み済みですが、

判定待ちが2社、落選が1社となっています。

まともにIPOに申し込み続けるのは今年からなので、今後の当選確率や投資リターンなどがどうなるか楽しみでもあります。

現在のIPOチャレンジポイントの累計28Pとなっています。

IPO(新規公開株)投資運用成績カテゴリの最新記事