2018.8 確定拠出年金(イデコ)運用成績

2018.8 確定拠出年金(イデコ)運用成績

2018年8月確定拠出年金(イデコ)運用実績

ガイルです。確定拠出年金の運用結果を公開

毎月積立額2万3千円で設定中。

     今月       先月

投資額 408345円 385512円 

評価額 417879円 408106円 

損益額 +9534円 +22594円 

積立先内訳

国内株式 住友DC・日経たわら 30%
海外株式 たわら先進国株式    40%
海外債券 たわら先進国債券    30%

今月の評価額

評価額 417879円

損益額 +9534円

先月比損益評価額 -13060円

トータル損益額は+9534円ですが、先月から評価額は-13060円という結果となりました

積立始めてから1年半で運用利回りは2,98になります

トルコリラの下落などを受け株式市場も低迷

仮想通貨に続いて、好調を続けていた確定拠出年金も先月比で1万円を超す大幅マイナスとなりました

トータルの収支ではまだプラスですが、トルコとアメリカの対立も続いており予断を許さない展開です

しかしここ数か月で数百万円単位のマイナスをたたき出している仮想通貨市場に比べたらかわいいものです

安心する値動きです

やっぱり人間なんでちょっと油断するとガッと自分の身の丈以上のリスクを取ってとんでもない取引をしてしまうんで、こういう積立型のイデコとかNISAとか保険とかいわゆる安定型の投資先をコツコツ積み立ててリスクを分散させておくのって本当に大事だなって思います

もし仮に資産の全額を仮想通貨などのリスク資産に投資していたらと思うとぞっとします

それにイデコに関しては節税効果も高いですからね

評価額は1万円ほどしかプラスになっていませんが、年間で5万円前後くらいは節税になっているので評価額などよりも節税効果のほうが大きいです

今月はやべーことになりそうです

今月の収支を出してみて、投資信託、仮想通貨、積立FXなどが大幅に評価額を減らし、さらにはソーシャルレンディングのマネオも行政処分を受けるなどすべての投資先がやべーことになっています

やばいよやばいよ状態です

なんでこうも悪いときってすべて一気に悪くなるんだろうと不思議です

やっぱり価格は人間が動かしているので人間の心理状態が価格や投資先に反映されているということでしょう

みんな考えることや行動は同じなんですよね・・・

そういうみんながやばいとか、これはダメだと思っているときが逆にチャンスだったりするんですよね

まあピンチはチャンスって言葉もありますし長期目線で頑張ります

確定拠出年金(イデコ)運用成績カテゴリの最新記事