2018.6 FXトレード運用成績

2018.6 FXトレード運用成績

2018年6月Lion FX運用実績

ガイルです。2018年6月のLion FX運用結果

      今月     先月   

投資額  10万円     10万円   

評価額  98474円     99584円   

損益額   -1526円     -416円

先月比損益額 -1110円

デイトレードとスイングトレードをメインにして、通貨は米ドルを選択。

FX会社はLion(ライオン)FXを選択。

セミリタイア後の取引の練習がメインの目的。

月1%(千円)の利益を目標。

2ヶ月連続のマイナス

FXトレードの成績は2ヶ月連続のマイナス収益となりました

取引は4回ですべての取引をロスカットで終える

なんというかセンスがない取引ばかりでした

目標となる月1%(千円)の利益とは真逆の-1110円という結果でした。エントリー直後から逆の値動きをして購入して数十分でロスカットみたいな取引ばかりです

僕のFX取引方法

現状の僕の取引はスキャルピングに近い注文後に指値と逆指値を入れて即日決済する方法です

実際の注文画面

Lion FXの場合は注文設定画面から決済指値と決済逆指値の数値を設定できます

僕は決済指値(利益確定pip)を150pip

決済逆指値(ロスカットpip)を50pip

に設定して注文ロット数を2(2千通貨)で固定しています

この設定の場合ですと利益確定時は300円ロスカット時は-100円となります

注文と同時に利益確定とロスカットの注文を入れていますので注文後急激に価格が動いたとしても設定額以上の損失になることはありませんので安心して取引できます

注文後のチャート画面

僕はパソコン以外にモニターが1台あるので注文画面とは別にチャートの画面が同時に確認できます

米ドルのチャートを5分足、10分足、30分足で表示しておき直近の価格の動きをチェックしています

注文後は画面のようにチャート上に線が出て線まで価格が上昇または下落して線に触れると利益確定または損切り(ロスカット)となります

Lion FXでは注文設定でロット数や指値と逆指値の数値を自分で設定できるので資金やルールに合わせて注文設定を変更できるのですごく楽で便利です

スワップポイントも悪くないし、他社では少ない1000通貨単位での注文もでき、画面も見やすくていろいろFX会社は使っていますが資金が少ない初心者には特におすすめです

先月のFXトレードについて

FXトレード運用成績カテゴリの最新記事