手っ取り早くお金持ちになりたいなら「複利の力」を理解することが近道!

手っ取り早くお金持ちになりたいなら「複利の力」を理解することが近道!

人間の最大の発見(発明)は「複利の法則」

ガイルです。

世界一有名な物理学者といってもいいアルバート・アインシュタインは

「宇宙で最も巨大な力は複利である。」

「人類史上最大の発見は複利の力である」

と話していたといいます

特殊相対性理論を発見した天才物理学者が1番の発明といった複利の法則の力とは?

1.01の法則と0.99の法則

複利の力を説明するうえで最も効果的な実例が1.01の法則と0.99の法則です。

楽天の三木谷社長が著書

成功のコンセプト ~principles for success~ 

で言及していた努力の法則というもので

ネットでも有名になった内容です

 

毎日1.01の成長を365日続ければ37.8倍になり

毎日0.99の成長を365日続ければ0.03倍になるというものです

すごい差であると感じませんか?

これが複利の力です

個人的には1.01の成長で37.8倍になるということよりも、0.99の成長を毎日すると365日で3%になってしまうというほうが衝撃でした

お金の資産運用にもそのまま当てはまる

毎日1%の運用を365日の複利で行えば元金の37.8倍にすることができ

毎日-1%の運用を365日の複利で行えば元金の3%になってしまいます

これが個人投資家の8割~9割が1、2年以内に退場する理由であり

僕が守りの運用を意識するようになった理由でもあります

大きな勝利や資産の増加を望むのではなく元本を守りつつ小さな利益を積み重ねていけばおのずと大きな利益となるということです

逆に合理的でない資産運用を続けていたらすぐにお金など無くなってしまうということでもあります

世界一の投資家ウォーレン・バフェットも複利の愛好家

投資の神様、オマハの賢人と評され総資産6兆越えの偉人

おそらく世界一の投資家といえば?という質問をすればまずこの人の名前が上がるでしょう

それがアメリカの投資家ウォーレン・バフェット氏です

成長する企業、愛される企業に投資するという信念を持ち

的確な企業分析により割安である株式を正確に見抜き長期の成長を見込める企業に投資し利益を出し続けています

そんなバフェット氏は幼少期から数字が大好きで特に複利の力を若くして理解し重要視していたことが有名です。

そんな世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏の年間平均リターンはどれくらいであるか想像できるでしょうか?

世界一の投資家でも平均リターンは20%ほど

年間平均リターン20%がバフェット氏の運用成績です

6兆円以上の資産を持つ世界一の投資家の運用リターンが年20%しかない?

えっ、そんなに少ないの?と思った方も多いのではないでしょうか

僕もその一人です

ネットを見ればFXで元金50万が数か月で1億円になったとか

株で数百万円の資金が数年で1億円みたいな話が頻繁に出てきます

世界一の投資家なのだからそれ以上のすさまじい金儲けの技術や知識があるのではないか?と思っていました

しかしこの年間リターン20%には少しからくりがあります

40年間複利で運用し続けている

バフェット氏が最も優れているのは元本を崩したり、減らすことなくこの20%というリターンを40年間という途方もない年月を複利で運用し続けていることです

継続は力なりを実行しているのです

この継続はおそらく資産運用において最も大事なのですが誰もできないことでもあるのです

継続できる人は1万人に一人

1万人が行動を起こそうとした場合

100人に1人が実際に行動に移し

さらにそのうちの100人に1人が継続して行動できるとあります

つまり1万人に1人しか継続して行動を起こせないのです

複利運用と継続を行い続けることができたなら

あなたも1万人に一人の資産を築けるということです

お金についてカテゴリの最新記事