シュタインズ・ゲートゼロの1話・2話の内容と感想

シュタインズ・ゲートゼロの1話・2話の内容と感想

シュタインズ・ゲートゼロの評価 

ガイルです

おすすめアニメのシュタインズ・ゲートゼロを観ました

シュタインズ・ゲートについて

最近忙しくてめっきりアニメなどは見ていなかったのですが

久しぶりにこれだけは見逃してはいけないレベルのはまったアニメでしたのでビデオで録画しておきました僕は普段アニメや映画などを見る際は結構30秒送りとかを使ってつまらないところは飛ばしたり要所要所だけチェックすることが多いのですが

今回のシュタインズ・ゲートゼロは一切飛ばす必要がないくらい面白かったです

ちなみに内容は前作のシュタインズ・ゲートを見ていないとわからないので先にチェックしておくことが必要です

1話目の内容と感想

全体の話を通して感じたのは

オカリンかっけーということです

黒を基調とした服に身を包み格好は全然マッドサイエンティストじゃなくなってるし言葉遣いも普通で合コンもするリア充大学生になっていた

一方で前作の牧瀬紅莉栖(まきせくりす)を失った悲しみやトラウマは引きずったままで自らのラボに行くのにも躊躇しているようだった

今回ラボに行ったときに未来から来た阿万音鈴羽(あまねすずは)がラボにいたのはビックリした

確かに牧瀬クリスの救出に失敗した後にどうなったかは触れられてなかったからまさかラボでダルと一緒にいるとは思わなかった

今作からの新キャラクターの比屋定真帆(ひやじょうまほ)も登場し、話の流れから準ヒロインみたいな位置づけになりそうです

オカリンの現状~~ラボ~~比屋定真帆(ひやじょうまほ)の登場~~アマデウスの紹介と進んでいきました

2話目の内容と感想

アマデウスとは?

人間の知能・知識をコンピューターに移動させるシステムを通じて

前作のヒロイン牧瀬紅莉栖の人工知能を作ったというところに話は進みます

クリスの人工知能であるアマデウスを作ったアレクシス・レスキネンの勧めで

アマデウスとオカリンは出会うこととなる

実際に会ってみると実物のクリスと変わらず彼女を失ってしまった悲しみを再度思い出してしまう

前作をみているのでせつない・・・

彼女との再会で2話目は終わり

今後の展開がマジで楽しみです

今回出てきた人工知能の話ですが本当に近い未来にこのような世界が実現するようなことはあるのかな?とアニメを見て感じました

AIで投資したり、電気をつけたり、指示を出したりなどは今の現代でもできますが少し前までは考えられなかったことです

もしかしたら自分の脳をコンピューターにトレースするような時代がすぐ来るのかも?と考えると怖いなあ

趣味についてカテゴリの最新記事