【資産運用まとめ】実際に儲かった投資先はここだ!2018年の収支とトータルリターン!

【資産運用まとめ】実際に儲かった投資先はここだ!2018年の収支とトータルリターン!

ガイルです

2018年の資産運用の総まとめを出しました

一年間で資産はどのように変化したのか?

一番儲かった投資先は?

収入が多かった順にランキング形式で紹介していきます

1位 給料 +2709325円

1月  206595円
2月  221631円
3月  231005円
4月  207770円
5月  230718円
6月  150847円
7月  233322円
8月  279049円
9月  199016円
10月 274817円
11月 226458円
12月 248097円

計 2709325円

もちろんというか当然ながら一年間で最も儲かったのは本業のお仕事でした

その額は、手取りで2709325円でした

仕事は残業が多く、休みが少ないのがネックですね

元々仕事を辞めたくてお金を貯めてますので、早く辞めたいなぁー

2位 副業 +494150円

5月  +110150円   
6月  +58900円    
7月  +63500円
8月  +116970円
9月  +121890円
10月 +17640円
11月 +5100円

2018年の5月から始めた麻雀店の店員という副業の収入は、年間トータル+494150円となりました

仕事終わりに週3日間の出勤です

やっぱり仕事をしてお金を稼ぐのが一番簡単で早いというのがわかりますね

このバイトは麻雀の成績によって収入が大きく変化します

これでもかなり成績が良いので来年以降も同じ成績を残して給料を残せるかはわかりかねます

3位 IPO投資 +379716円

2018年のIPOは当選が2件

3月  9272ブティックス    +185485円

11月 3498霞ヶ関キャピタル +194321円

計  379716

すごく以外でした

2018年から本格的に始めたIPO投資でしたが、途中までは全く当選がなくやってる意味あるのかな?って感じでしたが、最終的に2件の当選があり

最終利益は379716円のプラスとなりました

一年間様々な投資を行った中で、一番儲かったということになります

IPO投資は、いちいち申し込んだり資金管理をしたりするのが面倒なうえに普段は全く当たることはありません!

しかしながら、当選はしずらいもののリターンがすごく大きい投資先でした

4位 ギャンブル収支 +208800円

4月  +19300円
5月  -28400円
6月  -70500円
7月  +42000円
8月  +3600円
9月  -31500円
10月 +169500円
11月 +44800円
12月 +60000円

年間トータル収支 +208800円

2018年の1年間のギャンブルの収支は+208800円となりました

麻雀・パチンコ・スロットなどのギャンブルの年間収支がプラスとなり大きかったです

家の近くのパチンコ店を5店舗ほどを回りながら、打てる台や期待値のある台を探し回り実践するという足を使った人海戦術でした

時間と体力を使い大変でしたが、なんとか年間でプラスでした

4位 ソーシャルレンディング +33213円

毎月5万円マネオ(maneo)で積立中

      年始     年末

貸出金額 130000円 → 906946円

収益額   583円  → 33796円

1年間のトータル

投資金額      776946円の増加

収益額           33213円の増加

マネオで投資中のソーシャルレンディングは

年間の収益額は3万円を超えて、投資額は90万円に達しました

しかしながら現在投資中のファンドで遅延案件が発生中で、ほぼ元本の損失が確定している状態です

現在は、支払いの遅延しているファンドの資産の差し押さえなどの手続き中のため今後損失が出る可能性が大です

5位 楽天投資信託 -1463円

      年始       年末

評価額 46476円  → 104264円

損益額 -1063円  →  -2526円

低コストのインデックス投資信託を中心に積み立てた楽天投資信託ですが

1年間で積立額が57788円の増加で、評価額が-1463円の増加という結果となりました

2018年はインデックス系の投資先はほぼ壊滅的でした

6位 つみたてNISA -17394円

  

      年始      年末

投資額   0円   →  370314円

損益額   0円   →  -17394円

積立NISAは制度自体が2018年から始まったので投資も今年から始めました

毎月限度額MAXの33000円を積み立てて年間の積立額は370314円となりました

今年の半ばまではすごく好調だったのですが、後半に失速して年間のトータルは-17394円となりました

つみたてNISAの初年度はマイナススタートとなりました

第6位 積立FX -19004円

  

     年始        年末

投資額 110000円 → 470000円 

損益額 +2384円 → -16620円 

1年間の積立FXの成績は

投資額   36万円の増加

損益額   -19004円

毎月3万円づつ積立している積立FXは

スワップ益は各通貨のトータルで3万円を超えたものの、評価損が響きトータルは-19004円という結果となりました

2018年にトルコリラが15円を付けた大暴落時はどうなっちゃうのかな?と心配していましたが

なんとかロスカットに耐えることができ、下がった時に購入できたトルコリラの分、評価額も改善されてきました

そしてコツコツと積立続けたおかげで毎月の不労所得であるスワップ収入も毎月3千円ほどになってます

ただ、トータル収益はマイナスとなってます

7位 確定拠出年金 -33499円

毎月積立額2万3千円で設定中

     年始     年末

投資額 248514円 → 499677円

評価額 272317円 → 489981円

損益額 +23803円 → -9696円

投資額 251163円の増加

損益額 -33499円の増加

1年間を通して、リターンとしてはマイナス33499円という結果です

今年で2年目の確定拠出年金ですが、初年度のプラスがなくなり大幅なマイナスとなりました

ただ一点

確定拠出年金の場合は大体5万円くらいの節税効果があるので

節税分を入れたらプラスです!

節税の効果というのは大きいですね

2年目ですので合計で10万円くらいは節税の恩恵を受けれています

これは本当に大きい!

確定拠出年金の投資結果としては今年は残念でしたが

インデックス投資は10年くらいやってみてどうか?が肝ですので

本当に儲かるのかどうかの答え合わせは10年後くらいになるかな?

8位 仮想通貨 -216.9万円

     年始      年末

評価額   370万円  →   153.1万円

2019年仮想通貨保有状況

    価格  保有数 評価額
NEM  7.2円 5万    36万円
BNK   0.53円 200万  106万円
CAG  8.6円  1.3万  11.1万円

仮想通貨の年間収支はマイナス216.9万円となりました

ちょくちょく売買していたので正確ではないですが

まあ、1年間で200万円以上は確実に損しているでしょう

1年間の手取り年収レベルを損した計算です

いやあー、改めて数字として出すと恐ろしいな

一時期は評価額で600万円以上はあったと思うのですが、4分の1くらいになってしまいました

2018年は仮想通貨の年と言ってよいほど色々ありました

ビットコインが250万円をつけたり、億り人なるものが誕生したり、コインチェックのネム流出で暴落したり

いいニュースと悪いニュースが入り混じり

乱高下を繰り返して、良くも悪くも話題になりました

現在は、ピーク時の10分の1以下になっている通貨がほとんどという状態です

今後はどうなるのか?楽しみではあります

金融資産の1年間の推移

2018年の1年間で資産がどのように変化したのか?

       年始      年末

金融資産  693万円 → 834万円

1年間で141万円の資産の増加となりました

仮想通貨で200万円の損失をかかえながらも、年間では100万円を超す貯蓄をすることができました

コツコツと給料を貯めて、節約を続けたおかげで大打撃を食らったものの何とか1年間では資産を増やすことができました

一発逆転のギャンブル的な取引よりも、コツコツお金を貯めるのが大切だなと改めて考えさせられた1年間でした

【まとめ記事】カテゴリの最新記事