2018.12 世界経済指数推移 2018年の1年間で株価がプラスになった国とマイナスになった国は?

2018.12 世界経済指数推移 2018年の1年間で株価がプラスになった国とマイナスになった国は?

2018年12月の世界経済指数推移

ガイルです。今月の世界経済の株価指数をチェック。(2018年12月4日)

     今月   先月  増減
日本   22036 22243 -207
アメリカ 25826 25270 +556
中国   2665  2676  -9
イギリス    7077  7094 -17
インド  36158 35046 +1112
ドイツ  11424 11518 -94
フランス 5032  5102 -70
ロシア  1156  1134 +22
ブラジル 89820 88419 +1401

 国     参考指数

日本     日経平均
アメリカ   ダウ平均
中国    上海総合指数
イギリス    FTSE
インド    SENCEX30
ドイツ     DAX
フランス   CAC40
ロシア    MICEX
ブラジル   ボベスパ

アメリカとインドとブラジルが上昇!

今月は先月比でほぼ横ばいで大きい値動きはなかったものの、アメリカ、インド、ブラジルが先月比で上昇しました

アメリカが変わらず強いですねぇ~

今月の決算でカジノの収益が大幅に増加したそうで、ラスベガスなどのカジノ関連の株などが上昇したそうです

他にもアマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグルなどなど有名企業が多数ありアメリカ経済は堅調ですね

日本も続いてほしいものですけど、失速気味です

ブラジルやインドも一時期に新興国が不調で大きく値を落としたものの最近はまた株価を戻してきました

人口も多くて成長が見込めるだけに今後の成長も期待できそうです

2018年の一年間の世界経済の推移は?

2018年の1年間の経済の動きを追ってみました

     1月  12月 増減

日本   23506 22036 -1470
アメリカ 25076 25826  +750
中国   3386 2665   -721
イギリス 7694 7077  -617
インド  33969 36158 +2189
ドイツ  13200 11424 -1776
フランス 5424 5032   -392
ブラジル 78950 89820 +10870

日本    -6,2%

アメリカ  +2,9%

中国    -21%

イギリス  -8%

インド   +6,4%

ドイツ   -13,4%

フランス  -7,2%

ブラジル  +13,7%

2018年間の年間トータルを数値化してみました

1年間でプラスになった国はアメリカとインドとブラジルの3国で、今月も好調でした

経済の基盤が強くて、人口の増加も見込める国であるということでしょう

逆に2018年はその3国以外はみなマイナスという結果になりました

今年一年間は、新興国の経済不安が広がり新興国を中心に株価が下落したり、中国とアメリカの貿易戦争の不安などから全体的にはパッとしない印象でしたね

中国は1年間で20%以上の下げを記録していたのですねぇ~

2018年は一年間を通して、アメリカ経済の強さが目立った一年間だったかなとは感じています

1000円以上の下落を3回も経験したにもかかわらず、年間ではプラスの成長を遂げているのは経済が強い証拠です

日本が来年以降どうなるのか?楽しみです

世界経済指数カテゴリの最新記事