ソーシャルレンディングの説明と始め方

ソーシャルレンディングの説明と始め方

ソーシャルレンディングとは?

ガイルです。現在自分も月に5万円ほど積立をして運用している

ソーシャルレンディングについて説明したいと思います。

元々僕がソーシャルレンディングについて知ったのは

今から半年ほど前の2017年8月くらいで

資産運用系のブログで紹介されていました

ソーシャルレンディングとは

資金をまず運用会社に投資することから始まり

そして運用会社が貸付先の企業に資金を貸し出す

ことで満期で利息を受け取れるというものです。

イメージ図

 

そもそもなんでそんなに利回りがあるのか?詐欺?

僕も最初にこのことを知った時は

おそらく皆さんも感じるであろうことのように、何か怪しいし

そもそもそんな高利回りな運用先なんてないんじゃない?

詐欺では?くらいに思っていました

ただ、調べていくうちに

大手のSBIが100%出資しているSBIソーシャルレンディングや

伊藤忠が出資しているクラウドクレジット

GMOが出資するmaneoなどの大手企業が出資していること

過去の法人の貸倒率がほぼ0%に近く

個人型の貸し出しで一部遅延や貸し倒れはあったそうですが

過去のトータルリターンは5%以上で

推移しており資産運用としてはかなり優秀な部類であったため投資を決断しました。

 

管理人が実際に開いている口座

 

僕が実際に口座を開き投資をしているのは、2社です

僕が投資する際に重視している点は、低コストと低リスクです

会社として安心してなおかつ長期的に運用できるかどうかを

重視しているため利回りはあまり気にしていません

1社はmaneo(マネオ)という会社です

GMOが資本参加しており

業界NO1のユーザー数と成約件数

そしてレンディング企業としての歴史も長く

過去の貸倒がない点なども安心できます

あとは行政による検査を過去に二度受けて

特に問題がなかった点も評価できます

平均利回りも5~8%ほどで安定しており

他社で10%以上の利回りなどもありますが

安心・安定を重視しこの会社にしました

そしてmaneoに関しては実際に使ってみて

使い勝手がかなりよく、初心者にもおすすめの会社でした

もう1社は

言わずと知れた大手証券会社SBIのSBIソーシャルレンディングです

説明はいらないほどの大手の安心感

最近ではコインチェックの不祥事などもあり

投資するリスクと会社の信頼度はかなり重要となっています

ただ利回りが3~6%ほどと少なく

数か月ごとに高利回りの案件などが出るのですが

すぐに投資額が埋まり

投資してもロールオーバーと呼ばれる

数か月たってから実際に投資されることもあります

使い勝手もかなり悪く

画面も見づらいし

無駄に資金が拘束されたり

今どのように運用されているのかが

わかりづらい点が実際使ってみた感想です

なので今はmaneoの1社をメインに投資を行っています

目標利回りは税引きで年5%

積立金額は毎月5万円で、利回りは6.5%以上

税引き後(利益の20%ほどが税金で引かれます。)

の利益が5%以上になるように投資しています

1社だけだと少し不安なので

今後は伊藤忠が出資するクラウドクレジットなども

口座開設しようかとも考えていますが

今はまだ投資額も少ないですので保留してます

投資をするにあたって

当然貸し倒れなどのリスクも考慮しなければいけませんし

会社の知名度・信頼度も大切です

また、一つの案件に何十万円も投資するのも危険です

月に少額づつ

定期預金のように積み立てていくのが

僕的には理想かなと思っています

投資の結果については毎月発表して予定なので

利回りなど参考にしてもらえればと思います

口座開設方法

maneo(マネオ)の口座開設方法はマネオのホームページから

まずオンラインで開設申請を行います一般的な証券口座などを開くときと変わらず

年齢が20歳以上75歳未満で日本在住で一般的な方ならほぼ問題なく審査に通るはずです

不安なら金融資産や年収などは少し多めに記入してもいいです。

その際に登録銀行口座と本人確認書類をアップロードする必要がありますが郵送などで送るよりも簡単で早いです

3日ほどで本人確認はがきと本人確認キーが届きますので

ログイン画面で入力すれば無事取引を行うことができます

運用先説明と始め方カテゴリの最新記事