2018年新年あけましておめでとうございます 今年の貯蓄目標について

2018年新年あけましておめでとうございます 今年の貯蓄目標について

目標を立てることで達成できる可能性が大きく上昇する

2018年新年あけましておめでとうございます。ガイルです。

今日は2018年の貯蓄目標について考えていきたいと思います。

僕は経済や金融系の記事をよく見るのですが、

目標を立てるのと立てないのでは成功への確率が大きく変わるそうです

自分の身に置き換えてみても

ほとんど何も考えず目標もなかった20代のころは

今と同じようにほとんどお金を使わない生活をしていたのにもかかわらず

お金を貯めることができませんでした。

なぜお金を貯められなかったのか?

若いころからお金を増やしたいと考え、節約や投資もしていたのになぜだろうと考えると、最初は知識もなく損をしたからもありますがおそらく明確な投資目的や目標がなくただ何となく好きだからという理由だけで日々生活していたからです。

好きだから損してもいいや投資についてもわざわざ勉強しなくても何とかなる。

お金についても仕事していれば自然に増えるだろうなどと安易に考えていました。

でも転職や引っ越しなどのライフイベントや予期せぬ出費、あがらない給料など資産は全く増えませんでした。

ある日、ふと立ち寄ったコンビニで売られていたプロゲーマーの梅原さんの勝負論という本に出会い購入しました。

僕の人生観や投資方針などすべての面で大きな影響を与えられ僕が投資や勝負事で勝てるようになったきっかけとなったとても素晴らしい本です。

本書で梅原さんが一時期ゲームを離れ麻雀のプロとして生活をしようと考えているときに、受け取った言葉というのが僕の中ですごく印象に残っています。

「ようするに梅ちゃんは麻雀で生活をしたいということだね。」

「それは麻雀打ちになるということだよ。」

「世の中には2種類の人間がいる。麻雀打ちとばくち打ちだ。」

「本物のばくち打ちは本当に強いよ。」

「細かいことはわからなくても勝負の本質や勝負所を抑えていて、」

「こちらがわけもわからないくらいのうちにやられてしまう。」

「そんなとんでもない相手と戦わなくちゃいけないんだ。」

「でもね梅ちゃんこれだけは覚えておきな。」

「最後に勝つのは麻雀打ちだよ」

すごく深いですよね。

ゲームでも資産運用でも要領の良さやカン・運などで

労せずして勝利してしまう人もいる。

だが、勝負というのは一回で終わりではない

人生は一生涯続いていく。

たとえ一時勝てたとしても成長し勉強し続ける力がなくては

最終的にはコツコツ積み重ねてきたものには

勝てないのだと考えさせられました。

これまでの自分を変えた

今では、ポートフォリオを組み

自分が毎月いくら貯めることができ

いくらリスク資産に投資し

リターンの期待値や目標なども立てるようにしています。

毎月の20万円の運用先の記事で紹介したのですが

食費、家賃、携帯、交通費などの月々の消費がおよそ6万くらい

余裕資金遊びなどに使うお金が2万くらい

保険・確定拠出・個人年金などの将来のためのお金が4万くらいで

投資に回すお金が10万円くらいとなっています。

保険も金融資産に含めていますので、

月14~15万円が貯蓄・投資に回せる金額となります。

1年間で180万円となります。現在の資金がおよそ700万円ですので、

2018年末の目標金額は

900万円にしたいとおもいます。

金融資産推移カテゴリの最新記事