つみたて(積立)NISAの説明と始め方

つみたて(積立)NISAの説明と始め方

つみたて(積立)NISAとは?

ガイルです。

つみたて(積立)NISAとは2018年から新たに始められた小額非課税投資制度で

非課税期間は最長20年間で毎年40万円づつの計800万円分が非課税枠となります。

一定の条件を満たした投資信託などを定期的に買い付け(積立)を行うことが対象条件となります。

非課税枠とは?

投資を行った際に利益が出た時は住民税と消費税でおおよそ20%ほどの税金が源泉徴収という形でとられてしまうのですが

つみたてNISAに関しては積立した金額に関しては利益が出ても課税されないという制度です

例として20年間で800万円を積立し、売却時に1200万円になり400万円の利益が出た場合

利益の400万円の20%の80万円の税金が免除されるというものです

現行のNISAとの違い

つみたてNISAに先駆けてすでにNISAという非課税制度が行われているのですがその違いについて

SBI証券のホームページより参照

現行のNISAは年間120万円までで最長5年間で計600万円までが非課税枠となります

対象は株式、ETF、投資信託とつみたてNISAよりも対象が多いのが特徴です

実はこのNISA口座の開設は1000万口座を突破しているそうなのですが実際に投資を行っている口座は60%ほどだそうですさらに利用額も平均で60万円ほどだそうなので制度をしっかりと利用できている人は少数だということです

僕もNISA口座は開いていたのですが取引は行ってませんでした

稼働が伸びない理由としては

・損失が出ても損益通算できない

・5年間という非課税期間の短さ

・そもそも年額120万円という額の投資を行うのが難しい

というのが挙げられます

どちらのNISAを選択すべきか?

イメージとしては短期勝負のNISA長期勝負のつみたてNISAといった印象です

高齢で投資できる期間が短い方や短期売買を得意としている方は現行のNISA

若くて投資経験と資金が少なく、長期の運用で利益を得たい方はつみたてNISA

がおすすめです

30代である僕はつみたてNISAを選択しました

始めてみての感想としては

一度つみたて設定をしておけば自動で買い付けを行ってくれるので楽です

さらに金融庁によって認められた長期運用に適した低コストの優良な投資信託しか選択できないようになっているため投資初心者で資金の少ない人にもおすすめです

管理人のつみたてNISA銘柄

つみたてNISAは楽天証券かSBI証券がおすすめ

取引できる投資信託の種類と手数料の安さから現状つみたてNISAは

楽天証券かSBI証券のほぼ2択となっています

銀行やそのほかの証券会社は運営管理費などが割高となっている場合が多いので

何かこだわりがある場合を除いてこの2社から選択したほうがいいです

僕はSBI証券でつみたてNISAしています

つみたてNISAの始め方

まずはSBI証券のホームページから

右上のNISA・つみたてNISAを選択し

NISA・つみたてNISAに申し込むを選択

 SBI証券の口座をすでに持っている方

このような画面へと進むので

つみたてNISAを申し込むを選択し約款を確認したのち書類請求を申し込みます

SBI証券にまだ口座を開いていない場合

口座開設をクリックし、入力フォームへ

本人確認書類として
マイナンバー(通知カードまたは個人番号カードの両面)が必要となります。今2018年現在ではおそらくほぼ証券会社などで口座を開くには必要となりますので、投資を行う際には準備が必要です。

提出方法は
・WEBアップロード
・書面
・Eメール
の3種類から選ぶことができ

最短はWEBアップロードで1日~数日で口座開設が完了

ネットの指示通りに写真を撮りアップロードします僕もWEBアップロードで数日で口座開設できました

やり方がわからない場合やネット環境に不安がある方は書面でもOKです

その後は口座開設時の必須項目入力フォームへ


・名前

・生年月日

・性別

・電話番号

・Eメールアドレス

・郵便番号

・居住国

・特定口座の有無

・つみたて(積立)NISA

・住信SBI銀行のサービス提携の有無

以上の項目を記入してください

特定口座の開設とは株の売買時の税金の計算などを自動で行ってくれるので特にこれといって理由がなければありにしておいたほうが良いです

住信SBI銀行のサービスもこの際同時に作っておくと後々便利です

特に住信SBI銀行の自動スイーブは銀行のお金をそのままIPOの資金として使うことができたり

投資信託やNISAなどのそのほかの投資に使いたい場合などにもいちいち入金・出金の指示などを行わなくてもよく

とても便利です

その後の口座開設までの流れ

通通常の口座開設ならば数日ほどで開設となりますが

つみたてNISAの場合は送られてくる口座開設書類に記入後に返送を行い

さらにその後税務署で重複していないかなどを確認したりするため通常の口座開設より長引いてしまい1ヶ月ほどかかってしまうこともあるそうなので早めの申し込みが必要です

実際につみたてしてみよう!

無事口座が開設できるとログイン後SBI証券のホームページ画面から投資信託(積立設定)をクリックすると

このような画面に移動して毎月の積立設定額や投資信託のつみたて銘柄を選定できるようになりますので

自分の投資したい対象を見定めて積立する商品を決定していきます

ぜひ投資を楽しんでください

運用先説明と始め方カテゴリの最新記事