お金を貯め続けていたら、あれほどつらかった仕事が・・・

お金を貯め続けていたら、あれほどつらかった仕事が・・・

ガイルです。僕が早期リタイアしたいなと思ったのは仕事がしたくないからです

まあ単純に仕事が嫌いで

朝決まった時間に起きて

決まった場所に行き

長時間拘束される

そして理不尽に怒られたり、注文を受けたり、責任を負わされる・・

仕事が生きがいという人も一部いるでしょうが

大多数の人はまあ仕事しなくてもいいならしないでしょう

ですが最近資産運用を始めたらあんなに嫌だった仕事のつらさがかなり少なくなりました

仕事が楽になったわけでも好きになったわけでもないです

嫌いな度合いが減ったというだけです

なんでかな?と考えてみると

一言でいうならゴールが見えたからでした

仕事はラットレースみたいなもので走っているようで同じ場所にいるだけ

いつ終わるかもわからず死ぬまで走り続けましょう!

ってのはきついっす

毎日仕事に行き、お金も貯まらず、目的もゴールも見えず楽しみもないみたいな

そんな生活を20代では送っていたので仕事が楽しくなるわけがないですよね

ところがある日、資産運用系のブログを見て早期リタイアされている方の生き方にあこがれ自分も目指すようになりました

早期リタイアにはどれくらいの資金が必要かな?

年金で足りるかな?保険はどうか?

毎月の貯蓄はどれくらいできるかな?

何年後に早期リタイアできるかな?

これらを考えて自分で検証しておよそ10年後には最低限のリタイアできるぐらいの資金は貯められそう

つまり仕事をしなくてもよさそうだと気づけたのです

いわば一生走り続けるように義務付けられたハムスターが

今から休まず10年間頑張れば残りの数十年は

休んでていいよという権利に気づけたという感じです

今までは仕事をしても得られるのは苦労しかなかったのが

仕事をすることで

お金を稼ぐ喜び

お金を使う喜び

お金を貯める喜び

お金を殖やす喜び

そして仕事を辞めれるかもしれないという希望とその目標・目的の達成が近づいてる喜び

これらの喜びがすべて仕事をした苦労の対価として得られるため

以前よりも仕事のつらさが減りました

給料日の喜びは体感的には以前の倍以上です

よく目的や目標を持つのは大切だなどといいますが

身をもって感じます

実際に計画通りに行くかどうかもわかりませんし

将来的に運用に失敗して損するかもしれませんが

現時点で言えるのは

仮に損したとしても運用なんてしなきゃよかったとか

お金を貯めてセミリタイアなんて目指さなければよかったとは思わないということです

なぜならその目標・目的があるから今は仕事のつらさも減り

人生に張りが出て、楽しめているからです

投資は損する人もいるし得する人もいる

万人にお勧めできるものではないかもしれませんが

あえていいます

お金を貯めること、運用することは超おすすめです

プロフィールカテゴリの最新記事