人生の幸福度を高めるにはお金を稼ぐことよりも貯金や貯蓄をする方が良い

人生の幸福度を高めるにはお金を稼ぐことよりも貯金や貯蓄をする方が良い

幸せになるにはお金を稼ぐこととお金を貯めることが大事

ガイルです

お金と幸福度の相関性についての調査によると

お金を稼ぐ人お金を貯めて資産を築いた人の幸福度が高いという研究結果があります

まあ当たり前とも言えますが大事な点が一点あります

それは稼ぐよりも資産を築いた人の方が幸福度が高いということです

年収1000万前後で稼ぐ人の幸福度は頭打ちになる

お金を稼ぐ人は、年収1000万前後までは右肩上がりで満足度や幸福度が高まるのですがそれ以降はほとんど変化がありません

研究によると、お金を稼ぐことにより責任やプレッシャーが増してなおかつ自由な時間も減るため満足度が下がってしまう

稼げるお金が増えるよりも自由な時間を求めたくなる臨界点が年収1000万という数字なのかな?と感じます

貯金や貯蓄は幸福度の上昇が続く

逆に貯金や貯蓄は上限なく増えれば増えるほど満足度と幸福度が増していきます

お金が増えれば増えるほど満足度や幸福度の上昇度は緩やかになるものの右肩上がりの上昇を続けていくそうです

自分の身に置き換えてみても確かに給料が増えた時に満足度や幸福度が増えましたが、貯金が全くなかった時にはあまり幸福度がなかったです

逆に貯金や貯蓄を意識して行うようになった時のほうが満足度が高くなりました

人生を楽しむには貯金や貯蓄が一番!

幸せになりたいのならお金を稼ぐことと貯金や貯蓄をするのが良いというのはわかりました

では、どちらに力を入れた方が良いかというと僕はお金を貯める方に力を入れることで幸福度が高まると考えます

まずお金を稼ぐことは個人の能力や仕事の内容、環境などに依存するため誰もが収入を増やすことは難しく

また稼げば稼ぐほど多くの場合は責任やプレッシャーが増して、自由な時間が減少する上に幸福度も収入が増えるほどに頭打ちになります

さらに僕の経験から言っても、収入が増えても資産が全くないというのは不安で満足度も高くありませんでした

貯金や貯蓄は志せば誰でも行うことが出来て、万人に受け入れられます

僕自身も、お金を貯めることで不安が消え、自信と達成感や満足感が得られました

収入が低くても貯金や貯蓄は意識すれば少額でも可能です

人生の幸福度を高めるためにもお金を貯めることはオススメです!

お金についてカテゴリの最新記事