セミリタイアするお金が貯まるか取らぬ狸の皮算用で計算してみる

セミリタイアするお金が貯まるか取らぬ狸の皮算用で計算してみる

ガイルです

いや、マジできつい

毎日仕事で休みないし、暑いし、雨降るし、急に寒くなるしで疲れるーー

1日24時間のうち16時間くらいは拘束されている

なんか糸をピンと張ったような疲れる毎日を過ごしてる

糸が切れるのって一瞬なんだよなぁ

本当に仕事をしなくてすむ生活ができるようになるのかな?現状その気配すら感じられないのだが・・・

こんな生活を続けていたら、いつ急に仕事辞めちゃおうってなるかわからないからなあ今のうちに計算しておこう

給料は改訂があってちょっと増えたとはいえ平均すると大体手取り22万くらいで残業込みなので減ることはあっても増えることはほぼ無い

副業は週3日で五万から十万くらい、ただ収支は麻雀の結果次第なのでひどく不安定な上にいつまで出来るかもわからない

ギャンブルや投資もひどく不安定で月1万円くらい収入に上乗せ出来たら上々かな?収支がマイナスの月もある

合計して平均すると大体25万円~30万円くらいの収入が得られる計算になる

支出が大体5万円~10万円くらいなので、毎月20万円の貯金が可能で年間で240万円か・・・

5年間で1200万円で現在の資金を加えれば2000万円くらいになる計算で、達成時の年齢は37歳になる

取らぬ狸の皮算用だが、先の見えない日々もゴールを計算して行動していればやる気と達成感が得られる

37歳からは週三日くらいで、月に10万円くらい稼げれば貯めた資金を減らすことなく生活できると考えているのだが

やろうと思えば今すぐ仕事を辞めて出勤日数を減らしても十分生活できそうなんだよなあ~

「今仕事を辞めてもなんとかなる」

そんな考えを持つと、目の前の苦労を体験するとつい逃げ出してしまいそうになる

逃げて楽になっちゃおうかな?みたいな

ただ、今すぐ辞めたらなんかあった場合に困るだろうし、やっぱり体が動ける若いうちに働いておいたほうがいいと思ってる

結局仕事に費やす時間や労働力の合計時間は変わらないんで、若いうちにたくさん働いて苦労するか、年を取ってから苦労するかの違いだから

今ラクをしたら楽しいだろうけど結局は年取ってからもっと苦労するだけだから体が動く今のうちに働けるだけ働いたほうがいいと思っている

若い時の苦労は買ってもせよという言葉もありますしね

ただ、この苦労の対価として老後は仕事の量を減らしても生活できるという安定と安心を得ることができる

鋼の錬金術師で言うところの等価交換の原則ってやつかな

先に代価を払わないといけない

つらいけど頑張ります

雑記カテゴリの最新記事