節約や節制してお金を貯めても、死んだら後悔するだけだというのは本当か?

節約や節制してお金を貯めても、死んだら後悔するだけだというのは本当か?

貯金や貯蓄をしたって死んだら意味がない?

ガイルです

頑張ってお金を貯めても死んだらあの世にお金は持ってけないから後悔してしまうよ

「人生に後悔しないようにお金を使おう」

お金を貯められない人の常套句のような言葉ですが

本当にそうでしょうか?

かくいう僕も昔お金を貯められなかった時代に同じようなことを考えていました

自分の好きなことや使いたいことにお金使って何が悪いのか?って

だから好きなギャンブルや投資などに散財しました

負けても自分で稼いだお金だし、好きでやってるんだからいいか、なんて考えてました

でもさすがにお金も目標もない日々に嫌気がさして、お金を貯めるようになりました

当時に比べたら自由に使えるお金は格段に減り、食事も贅沢をしなくなりました

結果3年で700万円貯めました

我慢と節約と努力の結晶です

ではここからが本題なのですが、こんなに頑張ってお金を貯めてきた僕が、仮に明日死ぬよって宣告を受けたら後悔するのか?ってことなんですけど

結論は、全く後悔はしませんということです

ちなみにこの答えは僕自身も意外でした

もっとお金を使っとけば良かったと思うかな?と考えてたんですけどね

その理由はお金を貯めることや貯まっていくお金を見るのが純粋に楽しいこととお金が貯まることで達成感や自信が増してさらに漠然とした不安も消してくれるからです

つまりお金があることで自信と安心と達成感が得られているのです

だから別に明日死ぬってなっても無理してお金を使い切って死んでやるとか損したっていうような感覚はないですね

不思議なものです節約してせっかくお金を貯めているのに使えないまま死んでしまっても後悔しないなんてなあ

お金を使えば幸せになれるなんてことはないと断言できます

逆に貯金がなかったけれども自由にお金を使えてた頃の自分の方が明日死ぬって言われたらすさまじく後悔すると思います

何も残すことが出来ず、自信もなく、不安な気持ちを抱えたまま後悔していると思います

実は僕もお金を貯める前は不安だった・・・

僕もお金を貯めようと決意した時にこのような漠然とした不安を抱えていたものです

「せっかくお金を貯めても死んだら意味ないしな・・・」

「今を楽しむことの方が大事なんじゃないか?」

でも結果としてそれは杞憂であり、結局自分が苦しい思いをしてまでお金を貯めたくないという言い訳だったんだと今ならわかります

卵が先か鶏が先か?ではないですけど、お金を貯めることだけが目的だったのに、お金が貯まっていく過程自体が楽しくて充実感があり生きる喜びになっているという感じです

もし今あなたがお金を貯めることに不安を感じて二の足を踏んでいるのなら、とりあえず行動することを勧めます

始めはお金を貯めても使えなかったらどうしよう?とか無駄な心配をすると思うんですけど

おそらく僕と同じようにお金を貯めていく過程自体を楽しめると思うんですよね・・・

お金を貯めること自体が好き

そうなったらこっちのもんです

後は勝手に貯まっていきます

「お金を貯めても人生後悔するだけ」

そんなことは一切ないと僕は断言します!

お金についてカテゴリの最新記事